[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

私たちのCSVコミットメント 酒類メーカーとしての責任

〜適正飲酒啓発と豊かなアルコール文化の醸成〜

SDGs
目標・ターゲット
3 すべての人に健康と福祉を

薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化する。
(ターゲット:3.5)

2020年までに、世界の道路交通事故による死亡者を半減させる。
(ターゲット:3.6)

コミットメント 0.1
地域の課題に応じて、アルコールの有害な摂取の根絶に向けて取り組みます。
酒類のカテゴリーごとに、ノンアルコール・低アルコール商品の開発や認知向上に努めます。
ストーリー
キリングループは、責任ある酒類メー カーとして、アルコールの有害な摂取が人々の健康に悪影響をもたらし、社会問題につながり得ることを懸念しています。これらの問題に対処するため、私たちは、適正飲酒の啓発に努めることにより、豊かな飲酒文化を醸成していきます。
アプローチ
生活習慣病の原因となる大量飲酒、 未成年や妊産婦の飲酒、飲酒運転、飲酒による暴力行為などの課題に対応した啓発プログラムをグループ横断で整備し、各事業において、地域ごとの課題に応じたプログラムを選択して実行します。以上においては、行政や医療機関、NGOなどと連携し、信頼性と実効性を高めます。
研究開発力を活かし、ノンアルコール・低アルコール商品の開発を強化し、お客様の選択の幅を拡げます。
成果指標
2018年までに各地域の課題に応じた啓発プログラムを開発・実施
2019年以降、啓発プログラムの実施人数や回数など、普及度に関する目標を設定
ノンアルコール・低アルコール商品の アイテム数を拡充

コミットメントの一覧

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ