[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境方針と体制

キリングループの長期環境ビジョン

豊かな地球のめぐみを将来にわたって享受し引き継ぎたいという想いを、バリューチェーンに係わるすべての人々と共につないでいきます。

  • 目指すべき方向性:

    資源循環100%社会の実現

    キリングループのバリューチェーンから発生する環境負荷を低減させながら、地球が賄うことができる能力とのバランスが取れるように資源を循環させていきます。

  • 取り組みの姿勢

    NGOや企業コンソーシアムとも連携し、広くステークホルダーとコミュニケーションを取りながら、役割をShareして活動を展開します。

キリングループ環境方針

基本方針

「食と健康」を提供するキリングループは、すべての事業の低炭素化に努め、環境保全の取り組みを実践するとともに、お客様への環境価値提案を通して、自然と共生した豊かな社会の実現に貢献します。

行動指針

1. バリューチェーン全体および、事業活動のあらゆる側面で実行する。

2. アセスメントと監査で活動を保証する。

を基本的な考え方とし、トップのリーダーシップと従業員の全員参加により、環境施策を経営に内在化させ、経営の最高課題の1つとして高い目標を設定して取り組みます。

法的要求事項

私たちは環境関連の法規制・協定及び自主管理基準について、高いモラルで遵守します。

技術開発

私たちは地球環境とお客様に価値ある自然と共生する技術開発に取り組みます。

環境マネジメント

私たちは環境マネジメントシステムを構築し、経営戦略と連動させて継続的に改善します。

人材育成

私たちは環境保全活動に貢献できる人材を継続的に育成します。

環境パフォーマンス

私たちは、省資源・省エネルギーの推進、温室効果ガスの排出削減、環境汚染の防止、及び3Rを推進します。

コミュニケーション

私たちは、地域に密接した環境保全活動を行うとともに、透明性を高め、信頼をいただけるよう適切な環境情報を提供します。

環境保全活動の推進体制

キリングループでは、各事業会社・事業所でISO14001に準拠した環境マネジメントシステムを運用し、バリューチェーン全体に環境保全活動を広げて積極的に推進するとともに、環境リスクの低減につなげています。

グループ環境管理体制

キリングループの環境管理体制は、「キリングループグローバル環境マネジメントの原則(KGEMP)」に定められています。

キリングループグローバル環境マネジメントの原則(KGEMP)

環境方針やキリングループ長期環境ビジョンを受け、経営計画の中で環境目標の進捗を管理し、環境リスク・順法管理、教育、内部監査などを行うことで、ガバナンスを強化しています。環境リスクはリスクマネジメントで一元管理されており、万が一環境リスクが顕在化した場合には、リスク担当役員の指示のもと、直ちに関連部門が連携して情報の共有、対策の実施、再発防止および他部門でも水平展開を行い、確認と対応を行います。
2015年4月には、グループ本社と日本統括会社が一体となった新しい経営組織体制への変更に合わせ、従来、キリンホールディングスにあったグループ全体の環境管理を統括する機能(グループ環境担当)をキリン社CSV推進部に統合しました。戦略策定・意思決定のスピードの向上を図り、価値創造につなげていきます。これに伴い、グループ環境総括責任者をキリンホールディングス常務執行役員としています。

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。
ダウンロードサイトにジャンプします。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ