[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

コンプライアンスの推進コンプライアンス

コンプライアンスについて

キリングループでは、コンプライアンスを「法令、社内外の諸規則・ルールおよび社会規範を遵守し、法的責任と社会が求めるより倫理的な責任を果たすこと。それにより、予期せぬ損失や信用の失墜を防止し、ステークホルダーのキリングループに対する信頼を維持向上させること」と定義しています。グループ全体のコンプライアンスの取り組みは、グループリスク・コンプライアンス委員会が推進・統括すると共に、グループ各社では、コンプライアンスをリスクマネジメントの一環として位置づけることにより、取り組みの確実な実行を図っています。

コンプライアンス・ガイドライン

コンプライアンス・ガイドラインの社内啓発用資料

キリングループのコンプライアンス・ガイドラインは、法令の遵守に加え、社会から倫理的に求められる「何をするべきか」「何をしてはならないか」といった具体的な行動を定めたものです。コンプライアンス・ガイドラインの内容は、国連グローバル・コンパクトやOECDなどの社会的要請の変化に適応し、随時見直しを行っています。
グループ各社では、コンプライアンス・ガイドラインの啓発用ツールを作成・配布しています。日本では、啓発用ツールとして「The RULE」を作成、従業員全員に配布し、コンプライアンスの徹底を図っています。
また、贈収賄防止への取組みとして、グループ贈収賄防止ガイドラインやキリングループ贈収賄防止規程を制定するとともに、防止に向けた体制構築や取組み活動を行っています。

キリングループ
コンプライアンス・ガイドライン (2017改定版) 

グループ贈収賄防止ガイドライン  

コンプライアンス研修

キリングループでは、コンプライアンス研修を毎年、国内の全従業員を対象に開催しています。従業員同士のディスカッションを通じて「コンプライアンスは決して他人事ではないこと」、「良い情報だけでなく、悪い情報も迅速かつ正確に報告すること」、「オープンでフェアに行動すること」というコンプライアンスの基本を理解し、社会の変化に対する感性を身につけることを目指しています。海外ではその地域特有の問題や、状況に応じた教育活動を行っています。

ホットラインの整備

キリングループでは、コンプライアンスなどに関する相談窓口(ホットライン)を設置しています。ホットラインには、社内相談者が窓口を務める社内ホットラインと、社外の第三者が窓口の社外ホットラインの2種類があります。社外ホットラインは、相談の受付を外部の専門機関に委託するもので、通報に対する安心感をさらに高めた制度です。

ホットラインのフロー図

研究活動における不正防止の取組み

日本綜合飲料事業各社では、研究活動における不正行為を防止するため、キリングループのコンプライアンス・ガイドラインに則り、相談・通報体制の整備・運用、社内規程の整備、研修などの取組みを実施しています。

統括責任者(研究倫理の向上及び不正行為の防止等に関し、全体を統括する権限と責任を有する者):キリンR&D本部長
部門責任者(当該部門および部署における研究倫理の向上及び不正行為の防止等に関する責任者):キリンR&D本部の部門長および場所長、メルシャンにおいては技術各部門・部署の長
研究倫理教育責任者(研究倫理教育について実質的な責任と権限を持つ者):部門責任者が任命する者

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ