[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

持続的成長のための経営諸課題
(グループ・マテリアリティ・マトリックス)

長期経営構想「新KV2021」策定時に、キリングループが社会とともに将来にわたりサステナブルに存続・発展するための重要テーマとして「キリングループの持続的成長のための経営諸課題(グループ・マテリアリティ・マトリックス:GMM)」を選定しました。
2017年2月には、GMMの中から特に「健康」「地域社会への貢献」「環境」「酒類メーカーとしての責任」を重点的に取り組む社会課題として設定。それらの社会課題について、「持続可能な開発目標」(SDGs)等を参照しながら、事業を通じて中長期的に目指す姿を明らかにする16のコミットメントを策定しました。それに伴い、4つの重点課題については、従前の中項目をコミットメントに変更。ブラジルキリンの売却による変更などを影響なども鑑み、2017年9月にGMMを全面リニューアルしています。

<持続的成長のための経営諸課題の中項目>

健康 健康・未病領域におけるセルフケア支援/治療領域の進化/健康経営の実現
安全・安心の確保 食の安全・安心の確保
酒類メーカーとしての責任 適正飲酒と豊かなアルコール文化の醸成
医薬品メーカーとしての責任 製品・サービスの安定供給/医療機関等との透明性
人権 人権問題への取り組み
持続可能な調達 責任ある調達の推進/原材料の安定調達
地域社会への貢献 サプライチェーンの持続可能性強化/事業活動を通じた地域活性化
環境 環境活動の事業戦略への反映(生物資源、水資源、容器包装、地球温暖化)
人材・組織風土 多様性の推進/人材育成と自由闊達な組織風土
新たな価値の創造 社会・お客様の変化に対応した製品・サービスの探索・創造
コーポレートガバナンス ガバナンスの透明性確保/リスクマネジメントの強化/コンプライアンスの推進

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ