[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

原材料の安定調達QCD+安定調達

キリングループはQ(クオリティ)、C(コスト)、D(デリバリー)+安定調達を目標とし、酒類、飲料、食品、医薬・バイオケミカル事業の調達活動を行っています。
酒類・飲料・食品事業は農産物を中心とした自然の恵みを原料としています。そのため、気候変動に伴う収穫量の増減および需給バランスの変化に伴う市場価格の変動を直接受けることから、安全・安心な製品を最適価格で安定的にお届けできるようにサプライヤーと協働しながらサプライチェーンの維持安定に努めています。
例えば、ビールの主原料であるモルトについては、北米・欧州・豪州の3大陸に分散した調達を実施しています。一方、ホップは農家と長期契約を採用するなど、調達施策を組み合わせて必要量の確保と市況価格の影響の最小化を図っています。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ