[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

健康経営の実現 従業員の安全衛生・健康

キリングループの労働安全衛生の考え方

職場の安全衛生

安全・衛生の確保を最優先とし、安全で衛生的な職場環境の整備に努め、また、業務上の安全・衛生に関する法令等を理解し、これを遵守します。

労働関係法の遵守

労働関係法を遵守し、働きやすい健康な職場環境の維持に努めます。また、リーダーはメンバーの勤務日や勤務時間の管理を徹底するとともに、メンバーの心身の健康状態に常に留意します。

労働安全衛生の体制について

キリングループでは、各事業所における「安全衛生委員会」を統括する機能として、事業会社代表者および労働組合の代表者などにより構成される「中央安全衛生委員会」を設置しています。毎年、事業会社ごとに安全衛生に関する活動方針を策定しています。
各事業所は、毎月「安全衛生委員会」を開催し、事業所の特性に適した方針策定と安全・健康な事業所づくりに取り組んでいます。また、職場巡視を行い、危険箇所や健康障害となり得る要因のチェックと改善を行っています。

法令遵守に基づき活動している安全衛生委員会の既存の取組みがより効果的になるように「健康経営」の視点を加え、従業員の健康に関わる重点課題として、「生活習慣病」「メンタルヘルス」「働き方改革」「お酒との付き合い方」の4つの重点課題を定め取り組んでいます。

キリン(株)健康経営推進体制

キリンビールでは、「安全衛生管理規定」を制定し、そのなかで生産及び営業の本部長が全国の各所轄事業所の安全衛生管理を統轄し、人事部門長は、本店部門長を援助する体制を取っています。
キリンビール生産部門においては、安全に関するKPIを毎年設定し、進捗状況について経営陣によるモニタリングを四半期ごとに実行しています。
また各工場の安全衛生水準の向上を図るため、「リスクアセスメントガイドライン」を制定し、危険性または有害性の調査を行い、その結果に基づいて、危険または健康障害を防止するための必要な措置を講じています。

労働組合の関与

各事業会社にて従業員代表者あるいは労働組合と安全衛生の年度の取組施策の進捗状況について、共有・振り返りのための労使話し合いを定期的に行っています。

健康と安全のパフォーマンス監視と管理

キリングループでは、CSVコミットメントの中に「健康経営の実現」を定めました。これまでの安全衛生の取り組みから一歩踏み込んだ活動として、健康経営に取組み、成果指標を策定し、グループ全体での進捗をモニタリングしていきます。

昨年の安全・健康に関連する研修を受けたスタッフ数

キリングループでは、健康意識を高める教育を各事業所の課題状況に合わせて、健保組合からの補助制度を活用し実施しています。
キリン(株)では、メンタルヘルス対策として若年層向けセルフケア研修を実施しています。新入社員向けとして、ストレスコーピングセミナーを実施しています。
また国内綜合飲料事業会社に入社した操業系・技術系新入社員に対する安全衛生教育を、R&D本部ものづくり人材開発センターにおいて実施しています。

■2017年度安全教育研修受講者数(新入操業要員研修、技術職新入社員研修)・・51名

<研修別の受講人数>
① 2017年度技術職新入社員研修受講者・・・28名
② 2017年度新入操業要員研修受講者・・・・23名

傷害や死亡事故につながる事故や事故が発生した場合の対応

キリングループでは、重大労働災害発生時は事案の概要・原因の共有をグループ会社間で速やかに行い、類似の業務の洗い出しと、再発防止として安全装置設置など設備改善、作業手順の見直し、教育等について速やかに着手し、その結果を部門を統括する本部長へ報告するよう策定している。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ