home>公募について

公募について

公募の流れ

応募の受付
「キリン・福祉のちから開拓事業」、「キリン・地域のちから応援事業」は
9月から申し込みを受け付けています。
応募期間は2ヵ月弱です。
締切まで余裕を持ったご準備・お申し込みをお勧めします。
 
事前アセスメント
例年、助成できる数の3〜5倍くらいのご応募があります。
選考委員に「申込書」を送る前に事務局が、公募の趣旨に合っているか、要件を満たしているかなど目を通します。
記入漏れが無いように案内をよく読んでお申込みください。

 事務局が段ボール箱で身動きがとれなくなるほどです。
 
選考は公平、厳正に
事前アセスメントを通った申込書が選考委員に送られます。送られた書類を選考委員それぞれが1件1件、目を通して評価し、選考委員会で助成する事業を決め、さらに理事会で承認されれば晴れて決定となります。
 
助成決定のご連絡
財団から応募団体に「おめでとう」の連絡をするのは3月中です。

 相手の喜ぶ声に自分も思わずうれしくなるこの電話。財団職員ならではの役得です。
 
贈呈式(情報交換・交流の場)
贈呈式はキリンビール株式会社と協働で実施しています。
支社に集まっていただく場合は助成先同士の情報交換の場ともなります。遠方の場合は直接、現地にお伺いします。

 地方に行くと、助成を受けたことが大きなニュースになったりします。
 
プロジェクト実施 〜財団職員もできるだけ現地に〜
助成を受けた団体は翌年3月までに事業を実施します。

 すべての事業を見たいのですがそうもいかず、財団職員が手分けしてお邪魔します。
事業終了後、各団体は事業報告書を提出します。これが公募のワンクールになります。
その時はすでに次の年度の募集がスタートしています。

公募年間スケジュール

公募年間スケジュール

よくあるご質問(FAQ)

毎年助成を受けることはできますか?

全国各地の団体へ広くご支援したいと考えております。ですので原則、単年度の助成としています。
ただし、次の課題へのチャレンジや、全く異なる事業に対しては対象となる場合もあります。

助成金は団体の人件費などにも使えますか?

団体役員、スタッフの人件費は団体運営費とみなし、対象となりません。
ただし、外部の講師や外部ボランティアへの謝金については助成金の対象となります。

途中で計画の一部を変更することは可能ですか?

事業の主旨、枠組みから外れない限り、実施時期、場所など計画の一部の変更は可能です。

当初の計画の予算から一部変更することはできますか?

計画時点での予算は概算の場合も多く、採択時に収支予算書を提出いただきますので、変更は可能です。
その後についてはご相談ください。

助成期間の前または後にかかる活動費用も助成金申請の中に含めてもよいですか?

助成金での支払いは助成期間内の費用が対象となります。期間外に発生する事例については事前にご相談ください。

助成金を使いきれなく残ってしまった場合は?

助成期間内に残った助成金については、返金処理していただきます。

申請時の推薦者とはどういう人が良いのでしょうか?

団体の活動を良く理解している第3者で、通常社会福祉協議会やボランティアセンターの職員の推薦が多くなっています。また、個人名ではどのようなポジションにおられる方か特定できず、組織に属す方、地域で肩書を持つ方をお薦めしています。

▲ページトップへ | ひとつもどる