home助成先活動紹介 計画事業>活動紹介詳細

助成先活動紹介

  • 計画事業
  • 公募事業 キリン・子育て
  • 公募事業 キリン・子ども「力(ちから)」
  • 公募事業 キリン・シルバー「力(ちから)」
  • 公募事業 キリン・熊本地震復興

計画事業

(特定非営利活動法人)
社会的養護の当事者参加推進団体 日向ぼっこ
社会的養護を経験した、経験している、経験が必要だったが経験できなかったなど、生まれや育ち、これまでの経験に関わらず、居場所を求めている人のための居場所づくりと、そういった方の声、集約・発信事業

活動趣旨
「日向ぼっこ」は、社会的養護の当事者参加の実現や、ネットワーク創りをめざす当事者グループとして平成18年に結成。児童福祉施設や里親家庭で生活している・生活していた人に生きる喜びを実感してもらい、社会的養護の負の連鎖を断ち、次世代を支える子ども・若者のドロップアウト防止とエンパワメントを実現し、誰もが生きやすい社会の実現をめざす。その一環として、社会的養護の下で生活した当事者の声を集約し、当事者・市民・援助者・行政に情報発信し、啓発を行う。
  • (特定非営利活動法人)社会的養護の当事者参加推進団体 日向ぼっこ 写真
2016/8/20〜21 第5回「ことな」の語り場開催

8月21日(土)・22日(日)に東京文京区の日向ぼっこサロンにて「ことな」の語り場が開催され様々なプログラムが催されました。
日向ぼっこサロンは社会的養護のもとで生活している人や以前生活していた人が不安や孤独を語り合い、育つ環境にとらわれず「ことな」同士が繋がり、絆をつくり、共に支え合う場所を提供しています。

2015/1/23〜25 「日向ぼっこ展覧会」

1月23日(金)〜25日(日)まで谷根千ギャラリーKunlp(クヌルプ)にて展覧会をおこないました。
展覧会の目的は、社会的養護の下で生活している、あるいはしていた方に表現の場を提供することと、来場者の方への社会的養護の広報・啓発機会とすることを目的としています。会場には、現在、児童養護施設や里親で生活されている子ども達、施設を巣立たれた方々の作品を多数展示して、作品に込められた想いを伝えています。

  • 2015/1/23〜25 「日向ぼっこ展覧会」写真1
  • 2015/1/23〜25 「日向ぼっこ展覧会」写真2
  • 2015/1/23〜25 「日向ぼっこ展覧会」写真3

一覧へ戻る

▲ページトップへ | ひとつもどる