[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

投資をお考えの皆様・株主様へ

キリンラウンジ キリンラウンジ

ワクワクするビールの未来を

個性ある味わいを楽しむ、新たなビアカルチャーの創造

クラフトビール

ビール市場が縮小傾向にある中、「クラフトビール(Craft Beer)」と呼ばれる個性的なビール群が、先進国を中心に飛躍的な成長を遂げています。これはクラフトビールにより、ビール本来の魅力である「多様性」や「嗜好性」という価値が、消費に「選ぶ楽しさ」という付加価値を求める消費者のライフスタイルにマッチし、旧来のビールファンだけでなく、ビール離れが進む若年層にも「自分の生活を豊かにしてくれるお酒」として受け入れられているからです。
キリンは、このクラフトビールの魅力にいち早く着目し、市場の成長・確立により、ビール文化を豊かなものにしていくとともに、ビール事業の成長ドライバーの一つとするべく積極的に取り組んでいます。

世界中でクラフトビールブーム

2015年 キリンホールディングス調べ

クラフトビールは「多様で個性的な味わいを気軽に楽しめるお酒」として再認識され、次々と高い技術力やブランド力を有するクラフトブルワリーが生まれています。品質や味は年々向上しており、今後、飛躍的に成長する市場として、世界中でその重要性はますます拡大していくと認識されています。

SPRING VALLEY BREWERY(SVB:スプリングバレーブルワリー)による新たなビール文化の創造

キリンは、ビールの未来をつくる中長期的な取り組みとして、「スプリングバレーブルワリー」を展開しています。「スプリングバレーブルワリー」とは、キリンビールの前身であるジャパンブルワリーが受け継いだ、日本で最初に商業的に成功をおさめた醸造所の名前で、キリンのチャレンジやパイオニア精神の象徴とも言えます。
2014年9月に、キリンイノベーションファクトリー横浜内に小規模醸造設備を立ち上げ、2015年春にはさまざまなビールの楽しさが体験できるブルワリー併設型の店舗を、横浜と東京(代官山)にオープンしました。また、商品をキリンオンラインショップ「DRINX」限定にて販売開始する等、より多くのお客様にビールの魅力や楽しさを届けていきます。

SPRING VALLEY BREWARY店舗紹介

TOKYO
コンセプト:"CRAFT BEER & ALL DAY DINING"

その場でつくられたクラフトビールが楽しめるオールデイダイニング。多彩なビールとともに、自然の素材を活かした料理が楽しめる。

YOKOHAMA
コンセプト:"BEER TAVERN"

クラフトビールが楽しめるビアタバーン。明治の横浜を思い起こさせるクラシカルな店内で、こだわりの料理とビールのペアリングが楽しめる。

  • ※タバーンとは酒場のこと

ヤッホーブルーイングとの提携

2014年9月に、「よなよなエール」を代表ブランドに持つ国内クラフトビール市場のトップ企業ヤッホーブルーイングと業務・資本提携契約を締結、同社に33.4%出資しました。
2016年春からは同社の代表ブランド「よなよなエール」の樽詰生ビールをキリンビールの販売網で展開するなど、多様化するお客様ニーズに応えています。

海外でも存在感を発揮

豪州でもビアパブを中心に人気の高いクラフトビール「ジェームス・スクワイア」や「リトル・クリーチャーズ」などを展開し、トップシェアを獲得しています。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ