[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

投資をお考えの皆様・株主様へ

キリンラウンジ キリンラウンジ

プラズマ乳酸菌の
ウイルス防御メカニズム

インフルエンザワクチンの不足が報じられ、乳酸菌への注目が高まっていますが、さまざまな乳酸菌の特長についてはあまり知られていません。キリンの独自素材である“プラズマ乳酸菌(Lactococcus lactis JCM5805株)”の特長に加え、新たに解明したウイルス感染防御メカニズムを説明します。

①プラズマ乳酸菌とは?

免疫細胞の司令塔、プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)とは?

一口に免疫細胞と言っても、実はたくさんの種類があります。プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)も免疫細胞の一種です。特徴は、ウイルスに反応して活性化し、インターフェロンα(IFN-α)を産生することです。IFN-αには、ウイルスやガン細胞の抑制や細胞増殖の抑制などの命令を、他の免疫細胞に伝える役割があります。つまりpDCは免疫細胞の中で司令塔のような役割を果たし、他の免疫細胞を活性化させることが出来るのです。
しかし、一般的な乳酸菌はNK細胞など一部の免疫細胞を活性化させることは出来るものの、司令塔であるpDCを活性化することは出来ず、世界的にそのような乳酸菌はないと思われていました。

プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)。免疫機能の中で司令塔の役割をもつ細胞。ほかの免疫細胞に指示を出して、免疫機能全体を活性化させる。 プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)。免疫機能の中で司令塔の役割をもつ細胞。ほかの免疫細胞に指示を出して、免疫機能全体を活性化させる。

NK細胞、広く異常細胞を殺傷する。B細胞、ウィルスに対する抗体を作る。キラーT細胞、ウィルス感染細胞を殺傷する。ヘルパーT細胞、キラーT細胞やB細胞の働きを助ける。 NK細胞、広く異常細胞を殺傷する。B細胞、ウィルスに対する抗体を作る。キラーT細胞、ウィルス感染細胞を殺傷する。ヘルパーT細胞、キラーT細胞やB細胞の働きを助ける。

キリンが発見した「プラズマ乳酸菌」

pDCを活性化できる乳酸菌は存在しないということが定説でしたが、もし発見することが出来れば有用なウイルス感染リスク低減技術になると考え、私たちは定説を覆すことに挑戦し100種類を超える乳酸菌を探索しました。その結果、2010年に最新技術によって活性化作用が認められる乳酸菌を発見することに成功したのです。この乳酸菌を私たちはプラズマサイトイド樹状細胞を活性化することから、プラズマ乳酸菌と名付けました。

免疫細胞の司令塔pDCを活性化できるのはプラズマ乳酸菌 免疫細胞の司令塔pDCを活性化できるのはプラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌添加前のpDC

プラズマ乳酸菌添加後のpDC

②新たな研究結果

発見以降私たちはプラズマ乳酸菌の研究を続けてきました。様々な実験により、高いウイルス感染防御機能があることが分かってきています。このメカニズムを解明していくことで、更なる可能性を見出すことが出来るはずです。研究成果は論文として発表し評価を獲得しており、学会などでも高い関心を集めています。
今回、プラズマ乳酸菌のウイルス防御メカニズムを新たに解明することが出来ました。その一部をご紹介します。

発見① IgA抗体の増加効果

「唾液中IgA量」のグラフ。プラズマ乳酸菌摂取によりIgA量が増加した。 「唾液中IgA量」のグラフ。プラズマ乳酸菌摂取によりIgA量が増加した。

IgAは、消化管や呼吸器における免疫機構の中で重要な役割を担っています。初乳にも含まれており、細菌やウィルスから新生児を守る働きがあります。特長としては、様々な種類の病原体に反応すること、唾液や鼻腔など異物侵入ルートである粘膜部分に現れることが挙げられます。
唾液中のIgAの量を分析したところ、プラズマ乳酸菌を摂取したプラズマ乳酸菌群は、摂取していないプラセボ群に比べIgA量の有意な増加が認められました。

発見② ワクチンを接種した方において顕著なウイルス抵抗性遺伝子の発現量維持効果

インフルエンザワクチンの接種した方において、インフルエンザウイルス抵抗性遺伝子の発現量維持効果が顕著に認められ、プラズマ乳酸菌摂取とインフルエンザワクチン接種が相加的な効果を示す可能性があることがわかりました。

「ウイルス阻害因子(MX1)の発現量」のグラフ。プラズマ乳酸菌摂取とインフルエンザワクチン接種が相加的な効果を示す可能性。 「ウイルス阻害因子(MX1)の発現量」のグラフ。プラズマ乳酸菌摂取とインフルエンザワクチン接種が相加的な効果を示す可能性。

以上のメカニズム解明により、プラズマ乳酸菌は様々なウイルス感染の防御に貢献するほか、インフルエンザの予防接種を受けた方には相加効果が期待出来ることがわかりました。

今後もキリンはプラズマ乳酸菌の研究を進め、お客様の豊かな暮らしに貢献していきます。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ