[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

2008年8月25日

〜 デアリーファーマーズ社の全株式取得に向けた優先交渉権者に決定 〜
ナショナルフーズ社が、デアリーファーマーズ社との全株式売買契約に合意

 キリンホールディングス株式会社(社長 加藤壹康)の100%子会社であるナショナルフーズ社(豪州メルボルン市、CEO&マネージング・ディレクター アシュレイ・ウォー 以下NFL社)は、2008年8月25日、豪州第2位の乳事業会社であるデアリーファーマーズ社(豪州シドニー市、CEO ロブ・ゴードン 以下DF社)の全発行済み株式(126,957,492株※1)取得に向けた優先交渉権者に決定し、買収に関する基本条件について合意しました。買収予定金額は総額8.84億豪ドル(約840億円※2:有利子負債約2.09億豪ドル=約199億円を含む※3)です。
 ※1 8月25日現在株式数   ※2 1豪ドル=95円   ※3 遊休資産0.26億豪ドルを含む

 なお、本合意内容に関し、DF社の株主の75%以上の承認を得ることが必要であり、最終決定までには約3カ月を要する予定です。今後、NFL社は、DF社株主の承認獲得に向け、DF社と協働して株主への提案内容の説明にあたります。
 また、買収成立後には、DF社のチーズ事業については、ワーナンブールチーズ&バター社(豪州アランスフォード市、CEO ニール・カーニー)との合弁会社を設立し、事業運営にあたることで合意しています。

 当社は、長期経営構想KV2015で、アジア・オセアニアのリーディングカンパニーを目指すことを目標として掲げており、同地域において収益性を重視した「食と健康」領域での事業戦略を推進しています。
 DF社は、豪州でNFL社に次ぐ第2位の乳事業会社であり、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品の製造・販売を行っている、約2,000軒の酪農家で構成された協同組合組織です。今回の買収によりNFL社は、安定的な生乳調達による収益性の向上と、全乳製品カテゴリーで強力なブランドを獲得することによる販売拡大が期待されます。また、調達から生産、販売に至るあらゆる面でのシナジーを実現することで、さらなる成長を目指します。

 キリングループは、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案する企業グループとして、お客様の期待に応える様々な取り組みを続けていきます。

デアリーファーマーズ社 概要

1.社名 デアリーファーマーズ社 (Dairy Farmers)
(正式名称 : Australian Co-operative Foods Limited)
2.本社所在地 オーストラリア ニュー・サウス・ウェールズ州 シドニー市
3.代表者 ロバート・F・ゴードン(Robert F Gordon)CEO
4.純資産および総資産 約2.06億豪ドル(約196億円)※1(2007年6月末時点)
約5.82億豪ドル(約553億円)※1(2007年6月末時点)
純資産の2.06億豪ドルには、Member’s share capitalの1.01億豪ドルを含む
5.売上高および営業利益経常利益 約11.75億豪ドル(約1,116億円)※1
約0.29億豪ドル(約28億円)※1(2007年6月期※2
約0.054億豪ドル(約5億円)※1
※1 1豪ドル=95円  ※2 デアリーファーマーズ社の決算期は6月
6.従業員数 約1,800人(2007年12月末時点)
7.事業内容 牛乳・乳飲料事業(2位)、ヨーグルト・デザート事業(2位)、チーズ事業(2位)、その他事業
※( )内の順位は2007年豪州内市場シェア。
8.主要ブランド デアリーファーマーズ(Dairy Farmers:牛乳)、オーク(OAK:フレーバードミルク)、ムーヴ(Moove:フレーバードミルク)、スキー(Ski:ヨーグルト)、ティックアンドクリーミー(Thick & Creamy :ヨーグルト)、クーン(Coon:チーズ)
9.製造拠点 オーストラリア国内に12工場
10.沿革

1900年:The Dairy Farmers Co-operative Milk Co. Ltdとして設立

1935年:最初のミルクボトリング工場をシドニーに開設

1960年代半ば:コテッジチーズ、フレーバードヨーグルトの製造開始

1977年:Ultra High Temperature(UHT)製造ラインを導入

1989年:牛乳供給業者の吸収合併を続け、現在の正式名称であるAustralian Co-operative Foods(ACF)となる

1997年:COONチーズ、Mil Lel and Fred Walkerチーズを買収Cracker Barrelのライセンス獲得

2005年:新たな事業構造改革に着手し、生乳協働組合事業とそれ以外の製造・販売事業を分割

2008年:ナショナルフーズ社との全株式売買契約に合意

ナショナルフーズ社 概要

1.社名 ナショナルフーズ社(National Foods Limited)
2.本社所在地 オーストラリア ビクトリア州 メルボルン市
3.代表者 アシュレイ・ウォー(Ashley Waugh)CEO&マネージング・ディレクター
4.純資産および総資産 約6.8億豪ドル(約646億円)(2007年12月末時点)
約22.85億豪ドル(約2,171億円)(2007年12月末時点)
5.売上高および営業利益 約20.06億豪ドル(約1,906億円)
約1.17億豪ドル(約111億円)(2007年12月期)※2
※ 1豪ドル=95円 ※2 ナショナルフーズ社の決算期は12月
6.従業員数 約3,500人(2007年度)
7.事業内容 牛乳・乳飲料事業(45%:1位)、ヨーグルト・デザート事業(11%:ヨーグルト1位、デザート1位)、果汁飲料事業(25%:1位)、チーズ・グルメフード事業(12%:スペシャリティ・チーズ1位)、海外事業(6%)
※( )内の%はナショナルフーズ社売上高に占める割合。順位は2007年豪州内市場シェア。
8.主要ブランド ピューラ(Pura Milk:牛乳)、ビッグエム(Big M Flavored Milk:フレーバードミルク)、ファーマーズユニオンアイスコーヒー(Farmers Union Iced Coffee:フレーバードミルク)、マスターズ(Masters:フレーバードミルク)、キングアイランドデイリー(King Island Dairy:チーズ)、タスマニアンヘリテージ(Tasmanian Heritage:チーズ)、ヨープレイト(Yoplait:ヨーグルト)、ベリー(Berri:果汁飲料)
9.製造拠点 計24工場(オーストラリア19工場、ニュージーランド1工場、マレーシア2工場、インドネシア2工場)
10.沿革

1991年:酪農家と食品企業の合弁で設立、オーストラリア証券取引所に上場

1992年:乳業会社を買収

1995年:大型買収を開始、「ヨープレイト(Yoplait)」ブランドの製造・販売権を獲得、翌年より販売開始

1999年:生乳「ピューラ(Pura)」ブランドを投入、オーストラリア初で唯一の全国展開の牛乳ブランドとなる

1999年:飲料分野を事業分割

2000年:フレーバードミルク「ビッグM」ブランドを買収

2001年:キングアイランド社を買収、スペシャリティチーズ市場へ参入

2002年:全国チェーンスーパーと初のハウスブランド牛乳の供給契約締結

2005年:サンミゲル社が全株式を取得

2005年:サンミゲル社果汁飲料子会社「ベリー(Berri)社」を統合

2006年:スペシャリティ・チーズ会社「ラクトス(Lactos)社」買収

2007年:キリンホールディングス社が全株式取得

2008年:デアリーファーマーズ社との全株式売買契約に合意

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ