[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

2009年7月17日

キリン食生活文化研究所 レポートVol.17
「夏の過ごし方」に関する意識調査について

 キリンホールディングス株式会社(社長 加藤壹康)のキリン食生活文化研究所では、食と生活に関する様々な情報をレポートとして随時お知らせしています。今回は「夏の過ごし方」について、全国の20歳以上の男女を対象にインターネット調査を実施し、4,919名の有効回答をいただきました。

【トピックス】

  • ■夏休みの日数は、5日間が最も多く、夏休みの予定は「自宅でのんびり」「近場でショッピング・映画」がトップ2。
  • ■夏休みの平均予算は、1人あたり38,686円。
  • ■レジャーの移動手段は、「自家用車、レンタカー」が7割を超えてトップ。理由の1位は、「いつでも好きなところに移動できるから」。
  • ■夏を感じる食べ物は、「冷たい麺類」と「夏の果物」がツートップ。夏に飲みたいお酒は、「ビール」が圧倒的に人気。夏によく飲む飲料は、「麦茶」と「炭酸飲料」が昨年より増加。
  • ■夏バテ「する」と答えた人は、49.5%で2004年の調査開始以来、初めて5割を下回った。夏バテ防止のために食べるものは、「にんにく」「梅干し」「うなぎ」「トマト」「納豆」の人気が高く、女性は「しょうが」「お酢」も高くなっている。
  • ■冷房の設定温度は、26℃が最も多いが、環境省「チーム・マイナス6%」が推奨する28℃に設定する人は、2006年と比べると5ポイント増加しており、環境意識の向上がうかがえる。
【調査概要】
  • (1)対象:全国の20歳以上の男女 有効回答:4,919名
  • (2)方法:インターネット調査
  • (3)期間:2009年6月29日〜7月1日
【調査結果】
(1) 「今年の夏休み予定は?」「今年の夏休みの日数は?」(各複数回答)
  • ・夏休みの予定は、「自宅でのんびり」「近場でショッピング・映画」がトップ2。
  • ・20代は、「お祭りや花火大会に行く」、60代以上は、「ガーデニングや家庭菜園」が人気。
  • ・夏休みの日数は、昨年と同じく5日間(18.3%)が最も多い。

新しくウィンドウが開きますクリックすると拡大グラフを表示します
(2) 「今年の夏休みの予算は?」(自由回答)
  • ・1人あたりの平均予算は38,686円で、年代別に見ると、60代以上が一番高く、次いで20代となっている。
    ※「夏休みを取らない」と回答した人を除く。
(3) 「今年の夏のレジャーの主な移動手段は?」「車を使用する理由は?」(各複数回答)
  • ・「自家用車、レンタカー」が7割を超えてトップ。車を使用する理由は、「いつでも好きなところに移動できるから」(83.2%)、「荷物が多くても楽だから」(69.7%)が高い。
  • ・今年3月に引き下げが実施された「高速道路のETC割引」を理由にあげる人も多い。
(4) 「夏を感じる食べ物は?」(複数回答)
  • ・「冷たい麺類」(75.7%)、「夏の果物」(75.3%)がツートップで、「冷たい飲み物」(56.1%)、「冷たいデザート」(52.8%)が続く。

新しくウィンドウが開きますクリックすると拡大グラフを表示します
(5) 「夏に飲みたいお酒は?」(複数回答)
  • ・「ビール」(91.5%)が圧倒的に人気で、「発泡酒」(50.7%)、「新ジャンル」(39.3%)と続く。
(6) 「夏によく飲むソフトドリンクは?」(複数回答)
  • ・「麦茶」(71.8%)が最も多く、「水」(42.2%)「スポーツドリンク」(39.5%)、「ウーロン茶」(38.7%)が続く。
  • ・昨年と比較すると、「麦茶」と「炭酸飲料」が大幅に増加している。
  • ・家庭で手軽につくれる「麦茶」の人気からは、節約志向もうかがえる。
(7) 「夏になると夏バテしますか?」(単一回答)
  • ・夏バテする人は、「毎年する」(10.2%)、「時々する」(39.2%)をあわせ49.5%となり、2004年の調査開始以来、初めて5割を下回った。

    ※四捨五入のため数字が合わない場合があります。
(8) 「夏バテ防止に積極的に食べるものは何ですか?」(複数回答)
  • ・「にんにく」「梅干し」「うなぎ」「トマト」「納豆」の人気が高い。
  • ・男女別で見ると、男性は「にんにく」、女性は「梅干し」がトップ。
  • ・女性は「しょうが」「お酢」の人気も高くなっている。
  • ・年代別で見ると、20代の「にんにく」、50代の「ゴーヤー」が、昨年より大きく増加している。
    ※「夏バテしたことがない」と回答した人を除く。
(9) 「夏の冷房の設定温度は?」(単一回答)
  • ・設定温度は、昨年と同じ26℃が最も多い。
  • ・チーム・マイナス6%が奨励する28℃に設定する人は、2006年と比べると5ポイント増加しており、環境意識の向上がうかがえる。
  • ・男女別に見ると、男性は25℃(18.5%)、女性は27℃(18.6%)が最も多い。

 キリングループは「おいしさを笑顔に」のグループスローガンを掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ