[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

2009年10月26日

メルシャン株式会社
キリン協和フーズ株式会社
協和発酵バイオ株式会社
キリンホールディングス株式会社

グループ経営力のさらなる強化に向け、一部事業のグループ内統合を決定
〜原料アルコール事業を合弁新会社 第一アルコール社に、加工用酒類・発酵調味料事業を
キリン協和フーズ社に一元化することで、事業基盤の強化と成長を目指す〜

 キリンホールディングス株式会社(社長 加藤壹康)の連結子会社であるメルシャン株式会社(社長 植木宏)、キリン協和フーズ株式会社(社長 桂総一郎)、協和発酵バイオ株式会社(社長 石野修一)の3社は、2009年10月26日、キリングループ内の一部事業の統合について基本合意いたしました。
 メルシャン社と協和発酵バイオ社が保有する原料アルコール事業を、新たに設立する合弁会社 第一アルコール株式会社へ、またメルシャン社の加工用酒類・発酵調味料事業をキリン協和フーズ社へ統合することにより各事業基盤のさらなる強化とグループプレミアムの創出を実現します。

 原料アルコール事業については、メルシャン社と協和発酵バイオ社の共同出資による合弁新会社 第一アルコール株式会社を2010年7月に設立します。新会社は、2012年末まで両社の合弁会社として運営し、2013年1月に協和発酵バイオ社が保有する全株式をメルシャン社に譲渡することで、メルシャン社の完全子会社となります。なお、合弁期間中の出資比率はメルシャン社65%、協和発酵バイオ社が35%となる予定です。今回の事業統合により、高品質なアルコールを安定的に供給すると同時に、販売およびコスト面での競争力をアップさせることで、安定した事業基盤の構築と市場プレゼンスの向上を実現します。

 加工用酒類・発酵調味料事業については、メルシャン社の加工用酒類事業関連部門(アルコール営業部を除く)並びに日光工場を、2010年7月にキリン協和フーズ社に統合します。統合スキームをはじめとした詳細は、今後両社で協議していきます。協和発酵フーズ社とキリンフードテック社の統合により2009年4月に設立されたキリン協和フーズ社の事業基盤に、メルシャン社が保有する発酵調味料、本みりん、酒類製品、アルコール製剤などが加わることで品揃えを強化し、さらに質の高い価値提案を実現することにより加工用・業務用食品素材市場でのストロングNo.1を目指します。

 キリングループでは、様々な資本・業務提携を進める中で、グループ経営力の強化に向け、クロスカンパニーチームをはじめとしたプロジェクトチームを中心に、提携後の事業統合や連携を通じてのグループシナジーの最大化について検討を進めてきました。今回の事業統合もその一環であり、グループ内で重複する一部事業を1社に統合することで各事業領域での競争力を強化し、キリングループ長期経営構想「キリン・グループ・ビジョン2015」(略称:KV2015)で掲げる「食と健康」領域での飛躍的成長を実現するとともに、質的拡大を目指します。

  • ※グループシナジー創出を加速するため、グループ横断的・機能別に立ち上げたチーム

原料アルコール事業および加工用酒類・発酵調味料事業の統合スキーム図

■原料アルコール事業

  • ・メルシャン社と協和発酵バイオ社の原料アルコール事業を新たに設立する合弁新会社第一アルコール社に統合
  • ・販売およびコスト面での競争力アップにより、安定した事業基盤の構築と市場プレゼンス向上を実現する

■加工用酒類・発酵調味料事業

  • ・メルシャン社の加工用酒類・発酵調味料事業を、キリン協和フーズ社に事業統合
  • ・加工用・業務用食品素材市場でのストロングNo.1を目指す

原料アルコール事業のグループ内統合概要

1.新会社(メルシャン社と協和発酵バイオ社による合弁新会社) 会社概要
(1) 会社名 第一アルコール株式会社 (英文名:Daiichi Alcohol Company, Limited)
(2) 所在地 未定
(3) 代表者 代表取締役社長 河ア孝雄 (予定)
(4) 事業規模 約140億円(両社から移管される事業売上高の単純合算)
(5) 資本金 未定
(6) 出資比率 メルシャン社:65% 協和発酵バイオ社:35% (予定)
(7) 設立予定 2010年7月1日(予定)
(8) 従業員 未定
(9) 事業内容 原料アルコールの販売
2.メルシャン株式会社 会社概要
(1) 会社名 メルシャン株式会社
(2) 所在地 東京都中央区京橋一丁目5番8号
(3) 代表者 代表取締役社長・CEO 植木 宏
(4) 売上高 927億円(2008年12月期・連結)
(5) 資本金 209億7,293万円(2008年12月31日現在)
(6) 主要株主 キリンホールディングス株式会社(持分比率50.12%)
(7) 設立年 1934年12月4日
(8) 従業員 1,245人(2008年12月31日現在・連結)
(9) 事業内容 ワインを中心とした酒類、化学品、医薬品、および飼料の製造ならびに販売
(10) 主要製品 国産ワイン(「シャトーメルシャン」シリーズ、ボン・ルージュ、おいしい酸化防止剤無添加ワイン、ビストロ)、輸入ワイン(サンライズ、フロンテラ、 フランジア)、加工用酒類(ワイン、清酒、合成清酒、みりん、製菓用洋酒、発酵調味料、アルコール製剤)、酒類原料用・工業用アルコール、医薬・化学品、畜産飼料、水産飼料
3.協和発酵バイオ株式会社 会社概要
(1) 会社名 協和発酵バイオ株式会社
(2) 所在地 東京都千代田区大手町一丁目6番1号
(3) 代表者 代表取締役社長 石野 修一
(4) 売上高 884億円(2009年3月期 協和発酵キリン社のセグメント情報)
(5) 資本金 100億円(2009年3月31日現在)
(6) 主要株主 協和発酵キリン株式会社(持分比率100%)
(7) 設立年 2008年10月1日
(8) 従業員 1,528人(2009年3月31日現在・連結)
(9) 事業内容 医薬品原料、各種アミノ酸、健康食品、農畜水産関連製品および原料
アルコールの製造・販売
(10) 主要製品 医薬・工業用原料(グルタミン、アルギニン、シチコリン等)、ヘルスケア製品(リメイクシリーズ等)、農畜水産向け製品(ジベレリン等)、アルコール製品
4.キリングループ(連結)概要
(1) 売上高 2兆3,035億円(2008年12月期・連結)
(2) 当期純利益 801億円(2008年12月期・連結)
(3) 資本金 1,020億円(2008年12月31日現在)
(4) 従業員 36,554人(2008年12月31日現在・連結)
(5) 事業内容 酒類、飲料、医薬品、健康・機能性食品などの製造・販売

加工用酒類・発酵調味料事業のグループ内統合概要

1.キリン協和フーズ 会社概要
(1) 会社名 キリン協和フーズ株式会社
(2) 所在地 東京都品川区東品川二丁目2番8号 (スフィアタワー天王洲 16・17階)
(3) 代表者 代表取締役社長 桂 総一郎
(4) 売上高 425億円(協和発酵フーズ社 2009年3月期・連結)
279億円(キリンフードテック社 2008年12月期・連結)
単純合算 705億円
(5) 資本金 30億円
(6) 主要株主 キリンホールディングス株式会社(持分比率65%)
協和発酵キリン株式会社(持分比率35%)
(7) 発足年 2009年4月1日
(8) 従業員 692人(2009年4月1日現在・単独)
(9) 事業内容 調味料、甘味料、品質改良剤、酵母関連素材、製菓・製パン資材等の製造・販売
(10) 主要製品 エキス系天然調味料、ビール酵母エキス酵味、アミノ酸系天然調味料、中華ソース、発酵調味料、うま味調味料(グルエース、リボタイド、いの一番 ほか)、高甘味度甘味料サネット、カードラン、ダイヤイースト、ソフット、たまごスープ
2.メルシャン株式会社 会社概要
(1) 会社名 メルシャン株式会社
(2) 所在地 東京都中央区京橋一丁目5番8号
(3) 代表者 代表取締役社長・CEO 植木 宏
(4) 売上高 927億円(2008年12月期・連結)
(5) 資本金 209億7,293万円(2008年12月31日現在)
(6) 主要株主 キリンホールディングス株式会社(持分比率50.12%)
(7) 設立年 1934年12月4日
(8) 従業員 1,245人(2008年12月31日現在・連結)
(9) 事業内容 ワインを中心とした酒類、化学品、医薬品、および飼料の製造ならびに販売
(10) 主要製品 国産ワイン(「シャトーメルシャン」シリーズ、ボン・ルージュ、おいしい酸化防止剤無添加ワイン、ビストロ)、輸入ワイン(サンライズ、フロンテラ、フランジア)、加工用酒類(ワイン、清酒、合成清酒、みりん、製菓用洋酒、発酵調味料、アルコール製剤)、酒類原料用・工業用アルコール、医薬・化学品、畜産飼料、水産飼料
3.キリングループ(連結)概要
(1) 売上高 2兆3,035億円(2008年12月期・連結)
(2) 当期純利益 801億円(2008年12月期・連結)
(3) 資本金 1,020億円(2008年12月31日現在)
(4) 従業員 36,554人(2008年12月31日現在・連結)
(5) 事業内容 酒類、飲料、医薬品、健康・機能性食品などの製造・販売

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ