[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

2011年12月2日

キリン食生活文化研究所 レポートVol.31
「職場の人とのお酒の飲み方」に関する意識調査について

〜50代は家飲み志向、しかし20代は50代にもっと飲みに誘ってほしい?〜

 キリンホールディングス株式会社(社長 三宅占二)のキリン食生活文化研究所では、食をとりまく様々な情報をレポートとして随時お知らせしています。今回は全国の20歳以上の男女を対象にインターネットで飲酒に関する意識調査を実施し、10,662名の有効回答をいただいた中から「職場の人とのお酒の飲み方」について回答をまとめました。

トピックス
職場の人とお酒を飲むときの1回あたりの平均予算は、昨年より111円マイナスで4,247円。エリア別に見ると1位は北陸で、2位東海、3位東北の順。近畿圏が最も低い。上司とは3,917円、同僚とは3,978円、部下とは4,847円。
人数にかかわらず、部下とお酒を飲む際ごちそうする(おごる)1回あたりの金額の平均は、昨年より112円プラスで7,217円。
職場の人とお酒を飲む目的や期待は、上司・部下のいずれと一緒のときも「コミュニケーションをとりたい」がトップ、次いで「楽しく色んな話をしたい」、「仕事や人間関係に関する情報収集」。
職場の人とお酒を飲む機会は、同僚・上司・部下ともに約半数が「必要」。上司と飲む頻度を増やしたいのは、20代が一番多く22%。
一緒にお酒を飲みたい上司と部下を有名人で言うと、男性の上司は北野武さんが初のトップ。女性の上司は天海祐希さんが3年連続でトップ。一方男性の部下は向井理さん、女性の部下は綾瀬はるかさんが、それぞれ2年連続のトップ。男性の同僚は福山雅治さん、女性の同僚は天海祐希さんがトップ。

調査概要

  1. (1)対象: 全国の20歳以上の男女 有効回答数 10,662名
  2. (2)方法: インターネット調査
  3. (3)期間: 2011年10月17日〜27日
  • 総務省 統計局 H22年10月「人口推計」によるウエイトバック集計を実施。
  • 四捨五入のため、合計値が必ずしも一致しない場合があります。

調査結果

(1)「職場の人とお酒を飲みに行く予算は?」(自由回答)
職場の人とお酒を飲むときの1回あたりの平均予算は、昨年より111円マイナスで4,247円。エリア別に見ると北陸、東海、東北の順。近畿圏が最も安い。
上司とは3,917円、同僚とは3,978円、部下とは4,847円で、部下と飲むときが最も高い。これは、おごるかどうかと関係しており、部下にごちそうすることがあると答えたのは、男性77%、女性53%。
(2)「職場の人とお酒を飲む場でごちそうする(おごる)金額は?」(自由回答)
部下にごちそうする(おごる)時、人数にかかわらず1回に負担する金額(自分の飲食費は除く)の平均は、昨年より112円プラスで7,217円。上司におごる場合は5,684円、同僚は5,927円。
(3)「職場の人とお酒を飲む際、どのような目的や期待で参加しますか?」(複数回答)
「その目的や期待は満たされますか?」(単一回答)
職場の人とお酒を飲む場での目的や期待は、上司・部下いずれと一緒のときも「コミュニケーションをとりたい」がトップ。
お酒を飲む場での目的や期待は、全体では上司と一緒のとき(37%)よりも部下と一緒のとき(51%)の方が満たされている。年代別に見ると、上司・部下いずれと一緒の場合も、若年層ほど満たされる割合が高く、特に20代男性は上司・部下いずれと一緒のときも他の年代に比べて高い(上司とは46%、部下とは66%)。
(4)「職場の人とお酒を飲む機会は必要だと思いますか?」(単一回答)
飲み会を「必要だと思う」「まあ必要だと思う」と答えたのは、「同僚」とは53%、「部下」とは49%、「上司」とは47%。「上司と飲む機会の必要性」は男性で高く、特に20代男性では56%と高い。
「上司と飲む頻度を増やしたいか」という質問に対しては、20代が一番多く22%、それに比べ50代は10%で、年代が低くなるほど増やしたいとする人が多い傾向。
(5)「家でお酒をどれくらい飲みますか?」(単一回答)
20代は36%が家ではお酒は飲まない。一方で、50代は約半数(53%)が週に2〜3回以上は家でお酒を飲む。
(6)「一緒にお酒を飲みたい上司と部下を有名人で言うと?」(自由回答・敬称略)
男性の上司は4年連続トップの所ジョージさんに代わり、初めて北野武さんに。女性の上司は天海祐希さんが3年連続でトップ。
一方、男性の部下は向井理さん、女性の部下は綾瀬はるかさんがそれぞれ昨年に続いてトップとなった。AKB48の大島優子さんは昨年の45位から4位へと躍り出た。
また一緒にお酒を飲みたい同僚は、男性は福山雅治さん、女性は天海祐希さんが3年連続でトップ。

 キリングループは「おいしさを笑顔に」のグループスローガンを掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。


  • 【お問い合わせ先】キリンホールディングス株式会社 お客様担当 フリーダイヤル:0120-766-560
    お問い合わせフォーム http://www.kirinholdings.co.jp/customer/
  • 【キリンホールディングス ホームページ】http://www.kirinholdings.co.jp

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ