[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

2012年3月1日

<参考資料>
「復興応援 キリン絆プロジェクト」2012年度取り組みについて
〜支援の輪がさらに広がることを願い、2年目の活動をスタート〜

キリングループは、東日本大震災の復興支援活動として2011年7月に「復興応援 キリン絆プロジェクト」を立ち上げ、3年間で約60億円を拠出することを決め、グループをあげて継続的に支援活動を行っており、2012年度も引き続き支援活動を進めていきます。

「復興応援 キリン絆プロジェクト」は、「絆を育む」をテーマに、「地域食文化・食産業の復興支援」「子どもの笑顔づくり支援」「心と体の元気サポート」の3つの幹で活動を進め、この活動を通じて産業が活性化し、将来に希望を持つ子供たちが増えてコミュニティーに元気が広がり、地域全体が活性化していくことで継続的な復興につながることを目指しています。活動2年目にあたり、本年度は被災地と全国のつながりがより強固なものとなり、支援の輪がさらに広がることを願って活動を継続していきます。

1.3つの幹の復興支援活動について(2012年度)

(1)地域食文化・食産業の復興支援(約9億円)

東北の食文化や地域経済を支える岩手県、宮城県、福島県の農業・水産業の復興を継続して支援していきます。農業については、震災により農業機械を失った農家に対して、全国の農家からJAグループを通じてあっせんを行い、整備した農業機械を届けることで営農再開を支援し、水産業については、養殖場の整備などを支援していきます。

(2)子どもの笑顔づくり支援(約4億円)

被災地の将来の発展を支える子どもたちの学びの機会を大切にしたいという願いから、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)と協力し、『キリンSCJ「絆」奨学金』を設立し、農業高校や農業科の高校生を対象に返還義務のない奨学金を給付しています。今春には奨学金を給付した第一期生210人が卒業し、新たな道を進まれます。本年度も昨年同様に、年間約600人に給付します。また、ピアノデュオ「レ・フレール」と協働で行う音楽を通じた支援や、卓球教室を通じた支援(10会場で開催予定)も継続して行います。

(3)心と体の元気サポート(約4億円)

被災地の子どもたちにサッカーを通じてスポーツの楽しさ、心の豊かさを伝えるサッカー教室(JFA・キリン スマイルフィールド)を岩手県、宮城県、福島県の小学校を対象に開催します。昨年は37校で実施し、約5,800人の子どもたちに笑顔をお届けしました。

なお、これらの復興支援活動の資金は、お客様にお買い上げいただいたキリングループ商品の売上や利益の一部、昨年からの繰越資金などを役立てていきます。合わせて、グループ各社の従業員やその家族からの「キリン絆募金」も実施を予定しております。

2.社員ボランティア派遣について

地域食文化・食産業の復興支援を主とした、プロジェクトの3つの幹に関連した活動を、被災地のニーズの変化に合わせて行っていきます。

被災地の一日も早い復興を心より祈念するとともに、キリングループとして、引き続き被災地の皆さまの支援に尽力してまいります。

キリングループは「おいしさを笑顔に」をグループスローガンに掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。


  • 【お問い合わせ先】キリンホールディングス株式会社 お客様担当 フリーダイヤル:0120-766-560
    お問い合わせフォーム http://www.kirinholdings.co.jp/customer/
  • 【キリンホールディングス ホームページ】http://www.kirinholdings.co.jp

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ