[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

2012年3月27日

キリン食生活文化研究所 レポートVol.34
「新社会人の飲酒意識と仕事観」に関する調査について

〜人との絆を大切にし、仕事もプライベートも重視するバランス志向の新社会人〜

 キリンホールディングス株式会社(社長 三宅占二)のキリン食生活文化研究所では、食をとりまく様々な情報をレポートとして随時お知らせしています。今春社会人となる普段お酒を飲む20歳以上の男女を対象にインターネット調査を実施し、305名の有効回答をいただきました。

トピックス
仕事観では、「仕事もプライベートも大事にする」(64.6%)が3年連続でトップ。次いで「入社が決まっている会社でずっと働きたい」(58.3%)、「会社ではぜひ出世したい」(48.1%)が上位となった。
就職活動中の不安やストレスの解消法は、「友人と話す」(69.3%)がトップ。次いで「家族と話す」(45.7%)、「音楽を聴く・演奏する」(41.8%)と続く。「お酒を飲む」(29.2%)は5位で、男性(33.6%)で特に高い結果となった。
会社の人との飲み会は、「必要だと思う」(36.3%)、「まあ必要だと思う」(51.7%)を合わせると約9割が必要だと考えており、会社の人との飲み会で払ってもよいと思う金額の平均は、男性は3,582円、女性は3,616円という結果となった。
会社の人との飲み会に期待することのトップは「コミュニケーションをとりたい」(79.4%)。「仕事や人間関係に関する情報収集をしたい」(63.5%)、「楽しくいろんな話をしたい」(62.7%)と続くが、上位項目は減少傾向。一方、「仕事の悩みを聞いて欲しい」(29.7%)は3年連続で上昇しており、単なるコミュニケーションだけでなく、仕事に関連した話題をできる場として飲み会に関心がでてきている様子もうかがえる。
会社の人との飲み会で不安なことや知りたいことは、「お酌のタイミング」(55.5%)がトップ、「目上の人と飲む際のマナー」(54.2%)、「どのような会話をすればよいか」(49.0%)と続き、コミュニケーションの取り方に関する項目が上位となった。
社会人になったら一緒にお酒を飲みたいビジネスパーソンは、男性が孫正義さん、女性が勝間和代さんがトップとなった。

調査概要

  1. (1)対象: 全国20歳以上の男女 有効回答数305名(男性128名、女性177名)
    • ※全体(男女計)のスコアは、より実態に近い動向を把握するため、男女比が1:1になるように重み付けをして集計した結果を使用。
  2. (2)方法: インターネット調査
  3. (3)期間: 2012年2月16日〜2月29日
  4. (4)調査主体: 株式会社マイナビ

調査結果

(1)「次にあげる仕事観のうち、あなたの考えにあてはまるものを選んでください。」(複数回答)
全体では「仕事もプライベートも大事にする」(64.6%)が3年連続でトップ。
性別で見ると、男性は「入社が決まっている会社でずっと働きたい」(64.1%)、女性は「仕事もプライベートも大事にする」(66.7%)がそれぞれトップ。
(2)「就職活動中の不安やストレスを解消するために、どのようなことをやりましたか?」(複数回答)
全体では「友人と話す」(69.3%)がトップ。次いで「家族と話す」(45.7%)、「音楽を聴く・演奏する」(41.8%)と続く。
「お酒を飲む」(29.2%)は5位で、男性で33.6%、女性で24.9%。
「SNSやブログに自分の考えを投稿」(13.6%)は、「友人と話す」「家族と話す」など直接的なコミュニケーションと比較すると、低い結果となった。
(3)「会社の人との飲み会は必要だと思いますか?」(単一回答)
全体では「必要だと思う」(36.3%)、「まあ必要だと思う」(51.7%)を合わせると、約9割。
(4)「飲み会1回あたり、自分1人分として払ってもよいと思う金額はどのくらいですか?」(自由回答)
「会社の人と飲むとき」は、平均で3,599円、男性で3,582円、女性で3,616円という結果となった。
最も平均金額が高いのは「恋人と飲むとき」で3,926円。男性で4,578円、女性で3,275円と、男女間で約1,300円の差がある。
(5)「会社の人との飲み会にどのようなことを期待しますか?」(複数回答)
会社の人との飲み会に期待することのトップは「コミュニケーションをとりたい」(79.4%)。「仕事や人間関係に関する情報収集をしたい」(63.5%)、「楽しくいろんな話をしたい」(62.7%)と続く。「コミュニケーションをとりたい」は3年連続で減少など、上位は低下した項目が多い。
一方「仕事の悩みを聞いて欲しい」(29.7%)は3年連続で上昇。単なるコミュニケーションだけでなく、仕事に関連した話題をできる場として飲み会に関心がでてきている様子もうかがえる。
(6)「会社の人との飲み会で、どのようなことが不安ですか?あるいは知りたいですか?」(複数回答)
トップは「お酌のタイミング」(55.5%)。「目上の人と飲む際のマナー」(54.2%)、「どのような会話をすればよいか」(49.0%)と続き、コミュニケーションの取り方に関する項目が上位となった。
全体でみると男性より女性のほうが不安を感じている比率が高い傾向にあるが、「飲み会で芸を求められる」は男性(49.2%)で1位と特に高い結果となった。
(7)「あなたが社会人になったら一緒にお酒を飲みたいビジネスパーソンを、国内外の経済界の著名人から男女それぞれ1名あげて下さい。」(自由回答)
男性では孫正義さん、女性では勝間和代さんがトップ。

 キリングループは「おいしさを笑顔に」のグループスローガンを掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。


  • 【お問い合わせ先】キリンホールディングス株式会社 お客様担当 フリーダイヤル:0120-766-560
    お問い合わせフォーム http://www.kirinholdings.co.jp/customer/
  • 【キリンホールディングス ホームページ】http://www.kirinholdings.co.jp

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ