[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

2014年10月15日

<参考資料>CDPが「ジャパン500」から「気候変動情報開示先進企業」および
「気候変動パフォーマンス先進企業」にキリングループを選定

 キリンホールディングス株式会社(社長 三宅占二)は、気候変動情報開示に対する活動において、CDP※1から「気候変動情報開示先進企業(クライメート・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス:CDLI)」および、「気候変動パフォーマンス先進企業(クライメート・パフォーマンス・リーダーシップ・インデックス:CPLI)」に選定されました。

  • ※1 旧称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト。企業や都市の重要な環境情報を測定・開示・管理・共有する国際NPO。

 CDPは、のべ92兆米ドルを有する767の機関投資家を代表して、全世界で約5,000社、日本では「ジャパン500」※2に対して気候変動情報開示、および気候変動に関する取り組み実績の回答を求める質問書を送付し、その回答内容をもとに評価を行い、優れた企業をCDLI、CPLIとして公表しています。当社はこのたび、「ジャパン500」の回答企業233社の中で、CDLIの28社、またCPLIの24社のうちの1社に選定されました。なお、CDLI、CPLIともに選出されたのは「ジャパン500」では15社でした。

  • ※2 CDPが気候変動への取り組みに関する回答を求めた日本の大手企業500社を指す。

 キリングループでは、「食と健康」の領域で事業を営む企業グループとして、「キリングループ長期環境ビジョン」の4つのテーマの1つである地球温暖化防止のための戦略として、CO2排出量削減の長期目標※3を設定し、環境保全の取り組みを実践するとともに、豊かな地球の恵みを将来にわたって享受し引き継ぎたいという思いを、バリューチェーンにかかわるすべての人々と共につないでいきます。

  • ※3 キリングループは、CO2排出量をバリューチェーン全体で、2050年までに1990年比で半減することを目標として定め、グループ各社の事業活動に組み込んで展開しています。

<ご参考>
 当社では、CDPジャパンが2014年9月23日にニューヨークで開催された気候変動サミットに向けて、企業による「地球温暖化を2℃以内にするためのイニシアティブへの企業の宣言」の発信に賛同し、「メインストリームの財務報告書において、CCRF※4(もしくは同様のガイドライン)に準拠した形で財務報告と併せて気候変動報告を行う(Provide climate change information in mainstream corporate filings)」ことを宣言しました。

  • ※4 Climate Change Reporting Framework・・気候変動報告フレームワーク

  • 【お問い合わせ先】キリンホールディングス株式会社 お客様担当 フリーダイヤル:0120-766-560
    お問い合わせフォーム http://www.kirinholdings.co.jp/customer/
  • 【キリンホールディングス ホームページ】http://www.kirinholdings.co.jp

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ