[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

トップメッセージ

本物のおいしさの追求と、社会課題の解決に取り組み、
「お客様の生活を豊かにする企業」を目指します。

代表取締役社長 堀口英樹

キリンビバレッジ株式会社は1963 年の創業以来、半世紀以上にわたる歴史の中で、長年培ってきたキリンの基本姿勢である「品質本位」「お客様本位」の下、清涼飲料を通じてお客様の期待にお応えすべく様々な価値をお届けし、あたらしい飲料文化の創造に努力してまいりました。そして、キリングループのミッションである『自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献する。』という役割の一端を担い、グループの清涼飲料事業の中心的存在として「おいしさ」「健康」「飲用シーン」の提案に取り組んでいます。

お客様をはじめとした各ステークホルダーの皆様には、キリンブランドを通じて「絆」を深めていきたいと考えており、コーポレートスローガンである「よろこびがつなぐ世界へ」を推進してまいります。このスローガンに込められた想いでもある、心も身体もすこやかに生き生きと暮らすよろこびが、あらゆる幸せに繋がっていくと信じ、飲みものを通じて、大切な時を分かち合うよろこび、人と人がつながるよろこび、たくさんのよろこびの連鎖をキリンから広げていきます。そのために、当社では、「キリン 午後の紅茶」「キリン 生茶」をはじめとした様々な商品が常にお客様から愛され、笑顔になっていただける存在でありたいと願っております。
そして、その実現に向けては、お客様からの声を大切にし、さらにご満足いただけるよう日々精進してまいる所存です。また、「事業活動を通じた地域の活性化」、「独自技術を活用した健康推進」、「環境への取り組み」など、社会課題の解決・改善に対しても貢献すべく、社会と共有できる価値創造「CSV(Creating Shared Value)を実践し、社会の一員として、ステークホルダーの皆様から信頼される企業であり続けることで、皆様との「絆」を一層深めていきたいと考えています。

当社はキリングループ各社との連携により、国内事業だけでなく海外での清涼飲料事業においてもグループシナジーの創出の役割を担っています。キリングループが長年にわたり標榜している「品質本位」にのっとり、飲料技術にこだわりながら「日本のおいしさ」を世界にも発信してまいります。

これからもより多くのお客様にキリンビバレッジの商品を愛飲していただき、「おいしさ」「楽しさ」「安心」そして、「新しい価値」を感じていただけることを心から願い、従業員全員で努力してまいります。

代表取締役社長 堀口英樹

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ