[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

私たちのCSVコミットメント

「CSVコミットメント」は、長期経営構想「キリン グループ・ビジョン2027 」の長期非財務目標である「CSVパーパス」の実現に向けた各事業の中長期アクションプランです。「キリングループ2019-2021中期経営計画」の非財務KPIの1つにCSVコミットメントの目標を掲げて、その実行状況をキリンホールディングス取締役会でモニタリングしています。また、年度末においては、キリンホールディングス取締役(社外取締役を除く)の業績評価指標の一つとしてCSVコミットメントの進捗・達成状況を反映しており、社外取締役が過半数を占める指名・報酬諮問委員会で審議し、取締役会へ答申しています。
グループ全体で社会的価値を創出するとともに、競争力強化と事業の成長という経済的価値につなげてCSV経営を深化させます。

コミットメントおよび成果指標一覧
直近の実績は以下をご参照ください。

CSV重点課題 SDGs
ターゲット
コミットメント 成果指標 成果指標 目標値
(2021年)

酒類メーカーと
しての責任

3.5
3.6
17.16
17.17
0.1 適正飲酒啓発と
次世代への
お酒の文化継承
① 適正飲酒啓発プログラム・
飲酒マナー広告などの
参加数、閲覧数
② ノンアルコール・
低アルコール販売数量の拡大
③ 1本当たりの純アルコール
量のラベル表示構成比

KBMELNMBL

① 100万人
② KB 115%(18年比)
ME 105%(18年比)
LION Mid Strength以下
の現行の高い水準を維持
する
③ KB 27年100%※1
(24年までに表示開始)
MBL 20%
LION 100%

健康

3.4
17.16
17.17
1.1 健康・未病領域に
おけるセルフケア
支援
① 低糖・無糖・カロリーオフ
等、健康領域に貢献する商品
の開発、販売拡大
② 健康機能のエビデンスのある
素材を使用した商品の開発、
販売拡大

KBCKIW

KBC
① 115%(18年比)
② 115%(18年比)
KIW
① + ② 構成比50%以上
9.5
17.16
17.17
1.2a 健康・未病領域に
おける新価値創造
キリンの健康機能性素材に
アプローチできる(購入できる)
国数(人口)

KH

5か国(5か国総人口6.5億人)
9.5
17.16
17.17
1.2b 健康・未病領域に
おけるセルフケア
支援
① 使用患者数
② 健康食品使用人数

KHB

① + ② 4,300万人(2027年)
3.8
17.16
17.17
1.3 治療領域の進化
① 自社創薬の新薬の複数地域
での上市品目数
② ①の製品の
のべ上市国数

KKC

① 複数地域上市、3品目以上
② のべ50か国以上
3.8
3.b
17.16
17.17
1.4 治療領域の進化
① 各国・地域の特許環境に
応じて、バイオシミラーの
承認取得し販売開始
する。
② 国内でネスプ®
オーソライズドジェネリック
の承認取得を行う。

KKC

① 2018年に達成
② 2018年に達成
3.4
17.16
17.17
1.5 健康経営の実現
① 健康経営銘柄取得
② エンゲージメント調査
「ワークライフバランス・
働き方改革」
③ ストレスチェック
「いきいき度」
④ 飲酒習慣スクリーニング
テスト(AUDIT)点数

KHKBKBCMEKKC

① ホワイト500継続
② 2018年よりも向上
③ 115
④ 10点未満78%以上
2.4
17.16
17.17
1.6 食の安全・安心の
確保
GFSI認証スキームの取得割合

KG

100%(2024年)

地域社会・
コミュニティ

11.a
17.16
17.17
2.1 コミュニティ活性
化への貢献
グループ成果指標を策定中

̶
2.3
8.9
17.16
17.17
2.2a 原料生産の
持続可能性強化
日本産ホップの調達量

KB

100t(2027年)
2.3
8.9
17.16
17.17
2.2b 原料生産の
持続可能性強化
① セラードア(ワイナリー
直売所)来場購入
顧客数
② 自社管理畑のブドウ生産量

ME

※指標①については変更を検討中

① ー
② 200t(2027年)
1.2
2.3
4.b
4.c
8.9
17.16
17.17
2.2c 原料生産の
持続可能性強化
① 醸造米調達数量の契約栽培
比率
② JICA-KIRINフェローシップ
プログラムへの当地のニーズ
にあった人材派遣、JICA主催
農業関係セミナーへの協賛
ほかによる人材育成
の推進
③ 資材の国産化比率

MBL

① 10%
② 毎年1名以上派遣
③ 缶資材 70%
2.3
8.9
15.4
17.16
17.17
2.2d 原料生産の
持続可能性強化
レインフォレスト・アライアン
ス認証取得支援小規模農園数

KBC

10,000農園(2025年)
12.6
12.7
17.16
17.17
2.2e 原料生産の
持続可能性強化
① 一次取引先のSEDEX対応率
② 豪州現代奴隷法の法令順守

LN

① 100%
② 100%

環境

7.2
13.1
17.16
17.17
3.1 気候変動影響
への対応
① 使用電力の再生エネル
ギー比率
② 太陽光発電設備を設置
③ グループ全体GHG※2ガス
削減率:Scope1と2の合計
④ グループ全体GHGガス
削減率:Scope3

KG

KG
① 100%(2040年)
LION
② 10MW(2026年)
KG
③ 50%(2030年、19年比)
④ 30%(2030年、19年比)
3.9
6.4
17.16
17.17
3.2 水資源への
取り組み
① 2021年の用水原単位削減率
② 2030年の用水使用量削減率

MBLKKCKHB

MBL
① 28%(2021年、15年比)
KKC
② 検討中
KHB
② 32%(2030年、15年比)
15.4
17.16
17.17
3.3 生物資源の
取り組み
① 事務用紙へのFSC認証紙
または古紙の使用
② 主要容器包装資材※3
へのFSC認証紙の使用
③ 持続可能なパーム油への
対応

KHKBKBCME

① 100%
② 100%
③ 100%※4
12.2
12.4
14.1
17.16
17.17
3.4 容器包装の
取り組み
① PETボトル用樹脂の
リサイクル樹脂の使用率
② 容器材料のリサイクル性
③ 容器包装資材の
リサイクル材料比率

KBKBCMELN

KBC、KB、ME
① 50%(2027年)
LION
② 90%以上(2030年)
③ 50%以上(2030年)
2.4
12.3
17.16
17.17
3.5 フードウェイスト
の削減
製品廃棄量削減率

KBKBCME

75%(2025年、15年比)

KG:キリングループ、KH:キリンホールディングス、KB:キリンビール、KBC:キリンビバレッジ、ME:メルシャン、KIW:小岩井乳業、KKC:協和キリン、KHB:協和発酵バイオ、LN:ライオン、MBL:ミャンマー・ブルワリー

※1
対象は、ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)及びRTDの350ml缶、500ml缶
※2
GHG:Green House Gas
※3
6缶パック、ギフト箱、紙パック、製品用段ボール箱
※4
RSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil)のBook & Claim方式で対応

成果指標 実績

酒類メーカーとしての責任

コミットメント 2019年 2020年
0.1
適正飲酒啓発と
次世代へのお酒の文化継承
① 100.7万人
② KB 102%(18年比)
ME 144%(18年比)
LION 高い水準を維持
③ KB 0%
MBL 96%
LION 100%
① 195.5万人
② KB 113%(18年比)
ME 170%(18年比)
LION 高い水準を維持
③ KB 0%(2024年までに表示開始)
MBL 100%
LION 100%

健康

コミットメント 2019年 2020年
1.1
健康・未病領域における
セルフケア支援
KBC
① 109%(18年比)
② 99%(18年比)
KIW
① + ② 52.5%
KBC
① 106%(18年比)
② 112%(18年比)
KIW
① + ② 56.5%
1.2a
健康・未病領域における
新価値創造
2か国(2.2億人)
5か国(5か国総人口12.8億人)
1.2b
健康・未病領域における
セルフケア支援
① + ② 2,380万人
① + ② 1,926万人
1.3
治療領域の進化
① 自社創薬の新薬の複数地域上市
3品目を超え達成。
② ①のべ上市国数は50カ国を上回り進捗
① 2019年に達成済
② 50カ国を超え、継続し伸長
1.4
治療領域の進化
2018年に達成済み
1.5
健康経営の実現
① 2019年ホワイト500取得(継続)
② 2019年は達成
(キリンビール他対象会社は
すべて18年より向上)
③ 112
④ 77.1%
① 2020年ホワイト500取得(継続)
② 2020年は達成
(キリンビール他対象会社は
すべて18年より向上)
③ 117
④ 83.1%
1.6
食の安全・安心の確保
62%
95%

地域社会・コミュニティ

コミットメント 2019年 2020年
2.1
コミュニティ活性化への貢献
2.2a
原料生産の持続可能性強化
128t
※対策を打たなければ2027年に半減見込み
119t
2.2b
原料生産の持続可能性強化
① 34,178人
② 152t
① 20,559人
② 121t
2.2c
原料生産の持続可能性強化
① 2020年からの契約栽培開始に向けた
試験醸造を実施
② 1名
③ 缶資材 70%
① 6.7%
② 1件
※研修会を実施
③ 2019年に達成済
2.2d
原料生産の持続可能性強化
120農園
2,000農園
2.2e
原料生産の持続可能性強化
① 75%
② ー
① 98%
② ー

環境

コミットメント 2019年 2020年
3.1
気候変動影響への対応
① 15%
※GHGプロトコルに基づいた
バウンダリーに変更
② 0.7W
③ 8.5%(15年比)
④ 12.7%(15年比)
2020年実績集計中
3.2
水資源への取り組み
① 27%(15年比)
② 23%(15年比)
① 28%(15年比)
② KKC 2020年実績集計中
KHB 42%(15年比)
3.3
生物資源の取り組み
① 97.4%
② 6缶パック 100%
ギフト箱 100%
紙パック 99.6%
製品用段ボール箱 100%
③ 100%
① 100%
② 6缶パック 100%
ギフト箱 100%
紙パック 100%
製品用段ボール箱 100%
③ 100%
3.4
容器包装の取り組み
① 1.9%
② 95%以上
③ 47%
① 1.5%
② 2020年実績集計中
③ 2020年実績集計中
3.5
フードウェイストの削減
44%(15年比)
2020年実績集計中

CSVコミットメントの活動ハイライト

SDGsについての詳細は以下をご参照下さい。

国際連合広報センター

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。
ダウンロードサイトにジャンプします。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ