[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

気候変動主な取り組み

基本的考え方

地球温暖化に伴う気候変動は、キリングループの重要な原料である生物資源と水資源に大きな影響を与えます。また、パリ協定の2℃目標は、等しくすべての企業にとっても責任ある目標といえます。そこで、キリングループでは2009年にバリューチェーンでのGHG排出量を1990年比で2050年に半減するという当時としては高い目標を掲げて取り組みを進めています。また、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に沿った情報開示に努めています。

取り組みの概要

キリングループは、2009年にバリューチェーンでのCO2排出量を1990年比で2050年に半減するという高い目標を掲げて取り組みを進めてきました。さらに、2017年には2015年比で2030年にScope1とScope2の合計およびScope3でそれぞれGHG排出量を30%削減するという新しい目標を掲げ、国際的イニシアチブであるScience Based Targets(SBT)イニシアチブから、産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑える科学的根拠に基づいたGHG削減目標として、日本の食品業界で初めて認定されました。
バリューチェーン上流では、PETボトルの内製化や海外輸入ワインの国内ボトリング、製造では燃料転換やコージェネレーションの導入に加えて、新たにキリンビールの全工場にヒートポンプシステムの導入を開始しています。また、物流では共同配送やモーダルシフトを進めるなど、積極的にGHG排出量の削減に努めてきました。
また、水力発電由来のCO2フリー電力の使用やグリーン熱証書・電力証書の利用、さらにはオーストラリアのブリスベンの醸造所における大規模太陽光発電システムの設置を予定するなど、自然エネルギーの利用も積極的に進めています。
2018年には、日本の食品業界で初めてTCFD提言への賛同を表明して、これに沿った情報開示に取り組んでいます。

目標

Scope1とScope2合計排出量の目標

バリューチェーン全体でのGHG排出量の削減目標

実績ハイライト

テーマ 課題 達成状況
地球温暖化 GHG排出量削減の推進
  • 国内全ビール工場へヒートポンプシステム導入を決定。
  • ビールパレットで共同配送開始。
  • Scope1+Scope2でGHG排出量を3.8%削減(2015年比、2018年)。
  • Scope3でGHG排出量を10%削減(2015年比、2018年)。
再生可能エネルギー導入推進
  • キリンビールで工場購入電力の再生可能エネルギー比率29%達成。

達成状況

バリューチェーン全体でのGHG排出量の推移

GHG排出量中期削減目標に対する進捗

GHGデータ

バリューチェーンGHG排出量

(単位:tCO2e)

  2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
企業活動による直接排出
(Scope1+Scope2)
940,230 964,392 959,070 943,194 927,337
  Scope1
(燃料の使用に伴う排出量)
358,018 366,286 365,680 370,340 375,096
  Scope2
(電力および蒸気の購入に伴う排出量)
582,213 598,106 593,391 572,855 552,241
間接排出
(Scope3)
4,138,414 4,560,065 4,087,271 4,222,803 4,092,881
  原材料
(カテゴリー1)
2,682,624 2,811,940 2,626,854 2,557,411 2,446,307
  輸送・上流
(カテゴリー4)
331,521 384,873 374,510 363,123 365,183
  輸送・下流
(カテゴリー9)
851,203 979,569 787,665 941,234 923,083
  製品の使用・廃棄
(カテゴリー11,12)
76,935 178,557 80,111 158,309 152,648
  その他
(カテゴリー2,3,5,6,7,8,10,13,14,15)
196,131 205,126 218,131 202,727 205,660
バリューチェーン全体の排出量
(Scope1+Scope2+Scope3)
5,078,644 5,524,457 5,046,341 5,165,998 5,020,218

バリューチェーンGHG排出量の推移

事業別GHG排出量(千tCO2e)

事業別エネルギー使用量(2018年)

GHGグラフ

キリングループ全体の直接排出(Scope1+2)と原単位(排出量/売上収益)

ライオンの直接排出(Scope1+2)と原単位(排出量/生産量)

協和キリングループ全体(グローバル)の直接排出(Scope1+2)と原単位(排出量/売上収益)

キリンビールの直接排出(Scope1+2)と原単位(排出量/生産量)

キリンビール工場のバイオガス発生量と発電量

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ