[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

多様性の推進障害者・シニア・性的マイノリティ活躍推進に向けた取り組み

障害者雇用の取り組み

キリングループでは、障害のある人もない人も、誰もが活き活きと働けるキリンらしい障害者雇用に取り組むことを2011年に制定した「キリングループ障害者雇用憲章」に定めています。
私たちの社会は、障害のあるなしに関わらず、多様な個性をもった人々で構成されています。
私たちキリングループは、意識・物理面におけるバリアフリー化や合理的配慮など必要な職場環境整備を行いながら、様々な背景を持つ人材が刺激しあうことによって生じる、多様な市場と変化への対応力、さらには新しい価値の創造力の向上をめざし、グループ各社が連携して、障害者の職域拡大、雇用促進を図っていきます。

知的・発達障害者雇用の取り組み

キリングループでは地域の特別支援学校と連携し、学生の職場体験実習の受入をすすめています。パソコンを使用したデータ入力や、資料ファイリング、郵便物の集配、コピー機の用紙補充などの就業体験を提供し、雇用の創出に取り組んでいます。また、2015年にはグループ本社の全体業務の効率化と、障害ある社員の活躍領域の拡大の両立を目指し、総務機能の一環として「オフィスサービスカウンター」を創設しました。障害あるメンバーが会議やその他業務で必要な備品の貸出業務や文具の受払、落し物管理、プリンターの用紙補充などの各種サービス、また各部署からの委託業務を受け持っており、カウンターには日々、多くの社員が訪れています。

「障害」については「障がい」とひらがなで表記するなど、表記の在り方をめぐる議論があり、それぞれに論拠があります。ここでは「障害」を障害者その人の問題とするのではなく、社会全体で解消していくべき「バリア(障壁)」として捉える考え方に基づき、「障害」の表記を採用しています。

シニア層の活躍推進

シニア層の活躍推進は、現下の社員動態や社会環境下の重要テーマです。仕事の成果発揮において年齢等は関係なく、それまで培った経験や能力を最大限に発揮して業績貢献しつつ、技能伝承をはじめポジティブな影響を若い世代に伝えていける環境整備に努めています。ここではキリングループで行っている取り組みについてご紹介します。

キリンホールディングス株式会社、キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社、メルシャン株式会社、協和発酵キリン株式会社など

再雇用制度(最長65歳到達日の属する月の末日まで)

60歳定年に到達した者で、その後の再雇用を希望する者を対象とします。

キリンホールディングス株式会社、キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社、メルシャン株式会社の取り組み

キャリアデザインセミナー

50歳到達社員に今後のキャリアを自律的にすすめてもらう契機とするセミナー。集合形式で外部講師の進行により退職後70歳までを含むキャリアデザインを1日かけて描き、「自立した個」として仕事を通じたさらなる成長やマインドセットを強化しています。

キリンホールディングス株式会社、キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社、メルシャン株式会社の取り組み

ライフセミナー

50歳代前半社員を対象に退職後までを含めた生活設計を考える機会を提供するセミナー。外部講師進行で退職後までを含むライフプランを作成する。パートナー参加も可能。パートナー参加により、今後に向けた設計が家族の理解と支援を受けやすくなり、その後の仕事もがんばれるという好循環を得ることができます。シニアにとってはキャリアデザインセミナーとライフセミナーは仕事を通じた自己成長のための両輪となります。

キリンホールディングス株式会社、キリンビール株式会社の取り組み

キャリア・コンサルタントの配置・支援

キャリア・コンサルタントの国家資格を持つ社員を人事部門に配置し、希望者が自らの適性、能力、経験などに応じて職業生活を設計して効果的にキャリア開発を行うことができるよう、随時相談・支援を行える体制を講じています。

キリンホールディングス株式会社、キリンビール株式会社の取り組み

性的マイノリティ(LGBT)に関する取り組み

人権を尊重し、多様な人材の持つ能力を活かす組織風土をつくることが、「価値創造を実現するための組織能力」につながるという経営戦略上の考えから、社内の当事者が活き活きと働けるための環境整備や従業員全般に対する理解増進などに努めています。
2017年にはグループ全従業員の行動規範であるコンプライアンス・ガイドラインを改定。個人の尊厳を守り、性的指向・性自認によって不当な差別を行なわないことを明記するとともに、これまで法律婚のみを対象としていた慶弔休暇などの取得要件を事実婚・同性婚にも拡大し、これらの周知を図る研修も実施しました。こうした取り組みは社会からも評価されており、キリンはキリンビール、キリンビバレッジ、メルシャンと連名で「workwith Pride」から最上位のゴールド認定を受けています。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ