[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

人材育成と自由闊達な組織風土人材と組織風土の考え方

人材戦略:「多様な人材と挑戦する風土」へ

お客様や社会に価値を提供していくためには、「イノベーションの実現」が不可欠です。その基盤となる重要な組織能力の1つが「多様な人材と挑戦する風土」だと考えています。
多様な価値観・専門性を持つ人材が“経営理念と戦略への共感”を軸に集い、ベクトルを揃えて、イノベーションの実現を通じて常に価値創造を目指します。

多様な価値観・考え方・能力・経験の掛け合わせによる、イノベーションの実現

詳細についてはこちら

キリングループの「多様性」

KV2027において、グループ共通の価値観に「多様性(Diversity)」を追加しました。「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV先進企業となる」ためのドライバーは、「多様性 (Diversity)」であると確信しています。性別・国籍・障がいの有無などの外的なものだけではなく、視点・感性・経験などの内的なものも含めた「違い」を受け入れ、臆することなくぶつけ合い、掛け合わせることで、新たな価値やイノベーションは生まれます。キリングループは、採用のあり方の見直し、働き方改革の取り組み等を通じて、多様な人材が集うグループへの変革を推進し、これらの変革を梃子にイノベーションの実現を目指します。

キリングループの「プロフェッショナル」

社員一人ひとりが、それぞれの現場・立場で仕事にコミットし、自身の能力を磨き上げ、「この仕事、この分野なら私が一番」という「専門性」を卓越した水準で追求していくこと、既存の枠組みにとらわれない発想を取り入れ自律的にチャレンジすることが、キリングループの事業を強くし、新しい未来を切り拓くと考えています。その源泉は一人ひとりの成長意欲です。年齢やキャリアや仕事内容に関係なく、成長意欲を持ち続け、伸ばし続ける社員を積極的に支援し、処遇し、成長の機会を用意することで、キリングループの事業を推進していく人材を育成していきます。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ