[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

多様性の推進多様性推進の考え方

多様性を活かす企業風土を目指して

キリングループでは、2021年までの長期経営構想において「多様な人々が活き活きと働き、地域社会と共に発展し、自然環境を守り育てるグループ」を目指すビジョンの1つとして、働きやすい環境整備と、働きがいのある組織づくりなど、多様性の推進に積極的に取り組んでいます。多様な従業員が互いの強みを発揮することで従業員も組織も成長し、多様性からイノベーションを生み出し、新たな価値創出につなげていきます。
2013年には多様性推進室を設立し、性別、障害の有無、年齢、国籍に関係なく、成長意欲を持つ多様な従業員が働きやすい環境整備と働きがいのある組織風土の実現に向けて取り組んでいます。

なでしこ銘柄2018に選定

キリンホールディングスは、経済産業省・東京証券取引所が共同で選定する「なでしこ銘柄」に女性活躍推進が優れた企業として選定されました。
当社では、女性活躍推進法に先んじて2013年に策定した「キリングループ女性活躍推進計画(KWN2021:キリン・ウィメンズネットワーク2021)」に基づき、計画的に女性の育成や登用を進めています。今後も、出産・育児などのライフイベントを両立しながらキャリア形成できる環境整備や、管理職のマネジメント力向上のための取り組み、自由度を高めて労働生産性やチャレンジできる機会をつくる“働き方改革”などを進め、女性はもちろん全ての社員が強みを発揮できる組織づくりを進めて行きます。

ダイバーシティ経営企業100選に選定

ダイバーシティ経営企業100選に選定キリンホールディングスは、2013年経済産業省が主催する「ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれました。ダイバーシティ経営とは、多様な人材が能力を最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し価値創造につなげている企業経営のことであり、キリングループは女性を含めさまざまな視点を企業の強みとし、お客様への新たな商品や価値の創出につながっていることが評価され受賞に至りました。今後も、多様な人材一人ひとりが活躍できる組織として、ダイバーシティをキリングループの成長に活かしていきます。

多様な主体の活躍できる環境づくり

キリングループでは、仕事面と生活面の両側面で社員が活き活きとしていることが、キリングループの永続的な発展に欠かせないものであると考え、「ワーク・ライフ・バランス憲章」に定め、様々な取り組みを実施しております。
2016年に営業部門の女性従業員の創意で始まった「なりキリンママ・パパ研修」は、実際には子供がいない従業員がワーキングマザー・ワーキングファザーになりきった生活に1か月間チャレンジするもので現在は研修プログラムとして導入しております。育児で時間が制約され、この発熱など突発事態が起こる中でも、周囲の協力を得て効率的に業務を進める模擬経験を通して、多様な働き方に対する理解を促すとともに、自信や組織の仕事の仕方を見直し業務効率を高めてもらうことが大きな目的です。
※シチュエーションは育児、介護、家族・パートナーの病気の3つの中から選択
協和発酵キリンにおいては、イクボス企業同盟への加盟等をきっかけとして、従業員間の相互理解を通じて多様性の推進と職場環境づくりをさらに加速させ、すべての従業員のワーク・ライフ・バランスを尊重し、会社の持続的な成長の実現を目指していきます。

人事各種制度

各種制度 目的・内容など
ワーク・ライフ・ バランスサポート休業 「自己啓発」「配偶者の転勤」「ボランティア」を事由に会社に籍を置いたまま通算3年間休職できる制度。
在宅勤務制度 生産性の向上と社員のワーク・ライフ・バランスの実現のために2013年に導入。月8回を上限に、1日・半日単位または時間単位で在宅勤務を行うことができる。在宅勤務場所は自宅を原則とするが、自宅以外での利用も可能。
フレックスタイム制度 業務の繁閑等に合わせて、1ヶ月の精算期間内で出退勤時間や1日の労働時間を自主的に決めることができる。必ず勤務しなければならない時間帯(コアタイム)の設定はなく、5:00~22:00の間で勤務が可能。
勤務間インターバル制度 当日の終業時間から翌日の始業時間まで、11時間のインターバルを設けることで、従業員の休息時間を確保。
育児休業・短時間勤務制度 育児休業は子が2歳に達するまで、短時間勤務は育児休業と合算して48ヶ月まで取得可能。短時間勤務は5・6・7時間勤務から選択でき、フレックスタイム適用職場の場合はフレックスタイムでの勤務も可能。
介護休業・短時間勤務制度 介護休業は対象となる家族1人について要介護状態になるごとに通算1年まで取得可能。短時間勤務は、5・6・7時間勤務から選択でき、フレックスタイム適用職場の場合はフレックスタイムでの勤務も可能。
積立休暇制度 失効した年次有給休暇を最大60日まで積立可能。家族の介護・看護、不妊治療や性別適合手術・ホルモン治療時、子の学校行事、家族のアニバーサリー、本人のつわりを事由に、積立休暇日数の範囲であれば、利用日数の上限なく取得可能。
社内公募 海外や新規事業、商品開発などの募集に対し、全社員を対象に広く希望者を募り、社員自らが新たな仕事にチャレンジすることができるしくみ。
キリンホールディングス株式会社、キリンビール株式会社の制度

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ