[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

持続的成長のための経営諸課題
(グループ・マテリアリティ・マトリックス)

キリングループでは、社会とともに将来にわたり持続的に存続・発展するための重要テーマとして「キリングループの持続的成長のための経営諸課題(グループ・マテリアリティ・マトリックス:GMM)」を選定しました。中計策定(3年)ごとにステークホルダーダイアログなどのプロセスを経て、将来にわたる社会からの要請を把握し、課題の対応範囲や中味の見直しを行っております。
2017年に経営諸課題の中から「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」「酒類メーカーとしての責任」を重点的に取り組む社会課題として選定し、2019年には社会と価値を共創し持続的に成長するための指針である「CSVパーパス」を策定しました。
近年のSDGsをはじめとした国際的フレームワーク等による、企業への社会課題解決への期待が高まり、またESG投資が急拡大しています。キリングループは、このGMMのフレームを社会からの要請にスピードをもって柔軟に応えることで、リスクマネジメントを強化し経営水準を向上させます。一方で、社会課題を成長機会と捉えイノベーションを実現して食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV先進企業を目指します。

<持続的成長のための経営諸課題の中項目>

酒類メーカーとしての責任 適正飲酒啓発と次世代へのお酒の文化継承
健康 健康・未病領域におけるセルフケア支援 / 治療領域の進化 / 健康経営の実現
地域社会・コミュニティ コミュニティ活性化への貢献 / 原料生産の持続可能性強化
環境 環境活動の事業戦略への反映(気候変動、水資源、生物資源、容器包装、フードウェイスト(食品廃棄物))
安全・安心の確保 食の安全・安心の確保
医薬品メーカーとしての責任 製品・サービスの安定供給 / 医療機関等との透明性
人権 人権問題への取り組み
持続可能なサプライチェーン サプライチェーンの人権・労働・環境・腐敗防止 / 原材料の安定調達 / 持続可能な物流
人材・組織風土 多様性の推進 / 人材育成と自由闊達な組織風土
コーポレートガバナンス ガバナンスの透明性確保 / リスクマネジメントの強化 / コンプライアンスの推進

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ