[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

製品・サービスの安定供給安全・安心をお届けするために

協和キリングループでは、グループ品質方針に則り、お客さまの満足と信頼をいただける製品・サービスを提供することを目指しています。

協和キリングループ 品質基本方針

制定日:2009年2月17日
改正日:2019年11月22日

協和キリングループは、最高品質の医薬品・治験薬を提供すること、および国際標準の品質・安全性・コンプライアンスのポリシーを遵守することにより、世界の人々の健康および福祉に貢献します。

1.
私たちは人、プロセス、システム/テクノロジーを活用します。そして、適切で実効性のあるGxPの品質マネジメントシステムに従って、誠実かつ倫理的な活動を行います。
2.
私たちは、すべての利害関係者と健全な関係を維持します。また、供給業者および委託業者を適切に管理監督します。
3.
私たちは、私たちの活動において、GxPに関連するグローバルの法令、指針および業界ルールのすべてを遵守します。
4.
私たちは、データとリスク情報を有効に利用します。それにより、常に患者さんのことを考え、長期的な視野による意思決定を行います。
5.
私たちは、良質なクオリティ・カルチャーを育みます。そして、常に継続的な改善に努めます。

品質保証体制

事業地域ごと/製造拠点(工場)ごとの品質保証組織に加え、グローバル全体を監視するグローバルQAヘッド/品質マネジメント部を置き、グローバル品質保証システムが適切に機能していることを保証する体制を整備しています。また、このグローバルの品質保証活動は、患者様の安全と満足度を最優先し、関連する各種法規に従って行われています。

医薬品の信頼性保証

協和キリンは、有効性・安全性が保証された高品質な医薬品を安定的にお客さまにお届けするために、医薬品医療機器等法をはじめ、GMP、GQP、GVP等関連法規の遵守を通じて、研究開発から製造販売後まですべての段階で信頼性を保証しています。また、グローバル・スペシャリティファーマへの飛躍を目指す当社は、グローバル基準の品質保証・安全管理体制の確立に注力しています。

リスクや災害への対応

当社製品のリスクが顕在化した場合に、迅速で適切な対応がとれるよう、社外の製造委託先との合同訓練や海外販売拠点を含めた回収訓練を実施して、非常時に備えています。
大規模震災などの災害時にも、「医薬品の供給」と「情報提供」という重要な責務を継続できるよう、信頼性保証活動の事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)を定めています。

協和キリン 「消費者課題 信頼性保証」

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ