[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

安全・安心の確保方針と体制

品質マネジメントの考え方

取締役常務執行役員
R&D戦略、品質保証統括
小林 憲明

キリングループの品質保証のゴールは、お客様に安心して商品を使っていただくことです。その実現のためにキリンビール創業以来の理念である「お客様本位」「品質本位」に基づき、安全性の確保とお客様の満足を何よりも優先しています。この考え方を、「キリングループ品質方針」および「行動指針」に規定・展開し、日々の品質保証活動に反映させて取り組みを進めています。

キリングループ品質方針

私たちは、創業以来の理念である「お客様本位」「品質本位」に基づき、お客様の満足と安全・安心な商品・サービスの提供を何よりも優先します。

行動指針

1.
お客様満足度向上
お客様の立場に立って誠実な対応を心がけるとともに、お客様の声はさらなる品質向上の源泉ととらえ、新しい価値の提案やきめ細かな改善を行い、お客様満足度向上を追求します。
2.
安全・安心
原料・資材の調達から開発・製造・検査・物流・販売にいたる全ての活動において、安全でお客様に安心いただける商品・サービスを提供します。
3.
法令遵守
関連する法令・規制・自主基準を遵守します。
4.
品質情報の提供
お客様から信頼いただけるよう正確な情報を提供します。
5.
客観的で透明性のある品質保証
国際標準の考え方などを取り入れた品質保証の仕組みを確立・運用します。
6.
継続的な改善
環境変化を先取りした技術の開発・取得、人材育成を進め、品質保証をたゆまず改善・進化させていきます。

キリングループ グローバル品質マネジメントの原則

キリングループでは品質方針である「お客様本位」「品質本位」をグループ全体で具現化し、品質リスクを低減するため「キリングループ グローバル品質マネジメントの原則」を制定し、国内外のグループ会社での適用を順次進めています。この原則は、原材料調達から開発、製造、物流を通じてお客様に商品・サービスをお届けするまでのバリューチェーン全体において、キリングループが大切にする品質マネジメントのエッセンスです。その考え方がグループ各社の品質マネジメントシステムに反映され、確かな品質の商品・サービスへとつながっています。

グローバル品質マネジメント ※一部抜粋

品質マネジメントシステムの構築と継続的改善
品質総括責任者の任用
必要な資源の確保
法令遵守
業務委託先の管理
お客様とのコミュニケーション
ライセンス供与時の品質要求

商品を開発してからお客様に届けるまで

グループの各社では、商品の開発からお客様にお届けするまでのすべてのプロセスにおいて、一貫した品質保証体制を整えています。

酒類・飲料の品質保証

認証取得状況について

食品安全マネジメントシステム認証取得一覧

2020年11月25日時点

取得認証名 会社名 工場
FSSC22000 キリンビール株式会社 北海道千歳工場
仙台工場
取手工場
横浜工場
名古屋工場
滋賀工場
神戸工場
岡山工場
福岡工場
キリンディスティラリー(株)
富士御殿場蒸留所
キリンビバレッジ株式会社 湘南工場
滋賀工場
メルシャン株式会社 藤沢工場
Lion Pty Ltd. Tooheys
James Boag's
XXXX
The Pride
West End
JFS-C 小岩井乳業株式会社 小岩井工場
ISO22000 Lion Pty Ltd.
Myanmar Brewery Ltd.
Interfood Shareholding Company

インシデント調査について

商品・サービスの安全・安心に関わる事故が発生した場合の対応

キリングループでは、品質事故が発生した場合、「グループクライシス管理マニュアル」および「品質事故報告基準」に 従ってお客様の安全(健康)を第一に対応を行っていきます。
そのため、対策本部を設置し、社長、担当役員等を含めた社内の報告・共有を速やかに行うと同時に、 被害の拡大防止のため必要な情報を社外(お客様・監督官庁等)にも報告・公開します。
対策本部を中心に、リスク・コンプライアンス委員会、関係部署と連携し、状況把握、分析、最悪シナリオに 基づく対応方針を検討し、対策を実行した後は再発防止策の策定と再発防止に向けた取組みを進める仕組みを 構築しています。

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ