[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

2020年統合報告書

価値創造モデル

CSVを事業運営の根幹に据え
経済的価値と社会的価値を高める

価値創造モデル全体を見る
価値創造モデル

グループ経営理念

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、
「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します

INPUT

イノベーションを生み出す基盤

確かな価値を生む技術力 研究開発費 662億円(2019年度) 確かな価値を生む技術力 研究開発費 662億円(2019年度)
お客様主語のマーケティング力お客様主語のマーケティング力
マーケティング力の強化 グループの“組織知”を活用したマーケティングの実践マーケティング力の強化 グループの“組織知”を活用したマーケティングの実践
価値創造を加速するICT ICT費用167億円(2019年度) ICT投資額124億円(2019年度) 価値創造を加速するICT ICT費用167億円(2019年度) ICT投資額124億円(2019年度)
多様な人材と挑戦する風土 連結従業員数31,040人(2019年12月31日現在)多様な人材と挑戦する風土 連結従業員数31,040人(2019年12月31日現在)
人材力の強化 人事総務戦略担当役員に聞く人材戦略人材力の強化 人事総務戦略担当役員に聞く人材戦略
BUSINESS

社会課題を成長機会としてシナジーを生かして取り組む事業

食から医にわたる事業領域

食領域(酒類、飲料事業) 医領域 ヘルスサイエンス領域 特集 ヘルスサイエンス領域の成長戦略
OUTPUT

基盤を生かし、事業を通じて
社会課題の解決につながるイノベーションを生み出す

人と人とがつながる機会を
つくる商品・サービス

クオリティ・オブ・ライフの
向上に寄与する商品・サービス

画期的な新薬の
継続的な創出

2019年中計のKPI 財務KPI(ROIC,平準化EPS成長率),非財務KPI(CSVコミットメント,企業ブランド価値,従業員エンゲージメント) 2019年中計のKPI 財務KPI(ROIC,平準化EPS成長率),非財務KPI(CSVコミットメント,企業ブランド価値,従業員エンゲージメント)
OUTCOME

社会に還元する価値

経済的価値

キャッシュ・フローの最大化

社会的価値

CSVパーパスの実現

健康

環境

地域社会・
コミュニティ

酒類メーカー
としての責任

CSVストーリーズ

社会課題の解決につながる新たな価値の創出を通じて、「世界のCSV先進企業」への進化を目指す―― その実現に向けてキリングループは、長期的な指針である「CSVパーパス」と、中期的なアクションプランである「CSVコミットメント」を策定しました。ここでは、コミットメント実現に向けたさまざまな事業活動と、CSVの推進体制について紹介します。

価値創造を支えるガバナンス

コーポレートガバナンスコーポレートガバナンス
価値創造モデル全体を見る
CFOメッセージ 新たな成長を目指した、グループの基盤をつくり、平準化EPSとROICにコミットすることで企業価値最大化に取り組む 取締役常務執行役員 横田 乃里也
コーポレートガバナンス 社外取締役インタビュー 取締役会の実効性強化を通じて価値創造に寄与していきたい 社外取締役(取締役会議長) 森 正勝

編集方針

キリングループは、2019年からスタートした長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027(KV2027)」において“食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV先進企業となる”ことを目指しています。このKV2027の実現への意思を込めた「KIRIN CSV REPORT」2020年版では、CEO・CFOが中計1年目の成果と、中計達成に向けた事業基盤強化の取り組みを説明するとともに、キリンの強みである発酵・バイオテクノロジーを生かしたヘルスサイエンス領域の成長戦略を特集として紹介しています。この不透明・不確実な時代に、キリンのDNAに基づくグループの組織能力を生かして、事業を通じた社会課題の解決に挑み、CSV経営を実践している姿をご理解いただく一助として、ぜひ本レポートをご活用ください。

PDFダウンロード

価値創造モデル

セグメント・事業別概況

リスクマネジメント

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ