[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」

長期非財務目標「キリングループCSVパーパス」を策定

~「キリングループCSVコミットメント」を「キリングループ2019年-2021年中期経営計画」の成果指標に~

キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)は、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027(以下、KV2027)」において、「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV※1先進企業となる」ことを目指します。KV2027の長期非財務目標として、社会と価値を共創し持続的に成長するための指針「キリングループCSVパーパス(以下、CSVパーパス)」を新たに策定しました。また、「CSVパーパス」の実現に向けた各事業の中長期アクションプランである19の「キリングループCSVコミットメント(以下、CSVコミットメント)」を「キリングループ2019年-2021中期経営計画(以下、2019年中計)」の非財務目標に掲げて達成を目指します。

  • ※1Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造。

キリングループCSVパーパス

  • 酒類メーカーとしての責任
    • 全ての事業展開国で、アルコールの有害摂取の根絶に向けた取り組みを着実に進展させる。
      (Zero Harmful Drinking)
  • 健康
    • 健康な人を増やし、疾病に至る人を減らし、治療に関わる人に貢献する。
  • 地域社会・コミュニティ
    • お客様が家族や仲間と過ごす機会を増やすとともに、サプライチェーンに関わるコミュニティを発展させる。
  • 環境
    • 2050年までに、資源循環100%社会の実現を目指す。

国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」をはじめとした国際的フレームワークや金融業界に向けて提唱されたイニシアチブであるPRI※2等により、企業への社会課題解決の期待が急速に高まるとともに非財務視点の重要性が増して、ESG投資も拡大しています。キリングループの事業環境においても、アルコールの有害摂取や糖類の過剰摂取による健康問題、容器包装や気候変動による環境への影響、人権等の社会課題への対応が急務となっています。「CSVパーパス」の策定により、リスクマネジメントを強化するとともに、強みを生かすことで社会課題を成長機会に転換し、食から医にわたる領域で新しい価値を創造して持続的成長を実現します。

  • ※2Principles for Responsible Investmentの略。責任投資原則。

「CSVパーパス」実現のため、2017年に策定した「CSVコミットメント」を見直して新たに成果指標を設け、2019年中計の非財務指標として掲げました。事業戦略と連動させることにより、グループ全体で社会的価値を創出するとともに、競争力強化と事業の成長という経済的価値につなげてCSV経営を深化させます。

キリングループは、「酒類メーカーとしての責任」を果たし、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」という社会課題に取り組むことで、こころ豊かな社会を実現し、お客様の幸せな未来に貢献します。

長期非財務目標「キリングループCSVパーパス」図

参考

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ