[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリングループ6社「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」認定を3年連続で取得

キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)は、保険者と連携して特に優良な“健康経営”を実践している法人として、2月21日(木)に経済産業省と日本健康会議により、3年連続で「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」の認定を受けました。昨年に続きキリン株式会社、キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社、メルシャン株式会社、協和発酵キリン株式会社が共に認定を受けました。
「健康経営優良法人制度」とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な“健康経営”を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。今年は大規模法人部門に821法人、中小規模法人部門に2,503法人が認定されました。

キリングループは長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」(略称「KV2027」)を策定し、「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV※先進企業になる」ことを目指しています。また、「KV2027」の実現に向け、CSV経営のもと「酒類メーカーとしての責任」を前提に、重点課題である「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」に一層高いレベルで取り組んでいます。
キリングループは、CSV経営の中長期アクションプラン「キリングループCSVコミットメント」に基づき、重点課題の一つである「健康」について、柔軟な働き方を実現する制度や施策の推進、従業員のメンタルヘルスや生活習慣病予防への取り組み、お酒との付き合い方の啓発などに取り組んできました。
今後も、“健康経営”の実現に向けて、お客様に「健康」をお届けする企業として従業員が積極的に健康づくりを行う環境・機会を作っていきます。また、引き続きメンタルヘルスや生活習慣病予防に取り組むとともに、酒類メーカーとして従業員の適正飲酒が社会の手本となる取り組みを推進していきます。

  • Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造。

キリングループは、「酒類メーカーとしての責任」を果たし、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」という社会課題に取り組むことで、こころ豊かな社会を実現し、お客様の幸せな未来に貢献します。

ご参考

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ