[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

「キリングループCSVパーパス」 酒類メーカーとしての責任

忘年会シーズンの有害飲酒根絶に向けて、適正飲酒マナー広告を展開

~“スロードリンク®”の推奨を促進~

キリンホールディングス株式会社

キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)は、忘年会・新年会といった飲酒をする機会が増えてくるこれからの時期に、過剰な飲酒や一気飲み、スピード飲酒などの危険な飲み方を防ぎ、適正な飲酒をより多くの方に普及し実践していただくため、適正飲酒マナー広告を12月6日(金)よりTwitterで配信します。
当社は、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」の長期非財務目標として、社会と価値を共創し持続的に成長するための指針「キリングループCSV※1パーパス(以下、「CSVパーパス」)」を策定しました。
本件は、「CSVパーパス」の一つである「酒類メーカーとしての責任」を果たすべく、アルコール関連問題の解決に向けた取り組みの一環です。

  • ※1Creating Shared Value(社会と共有できる価値の創造)

急性アルコール中毒で搬送された方は年々増加※2傾向にあり、その内およそ半数が20代の若者です。適正飲酒マナー広告では、主に飲酒経験の浅い20代を対象に、一気飲みなどの有害な飲酒は命に関わる危険な行為であることを強く訴えています。また、アルコール飲料を製造販売する企業の社会的責任として、飲酒マナーを守った適正な飲み方の大切さを伝えています。

  • ※2急性アルコール中毒搬送者数 東京・大阪・名古屋・消防局調べ

また、アルコールの有害摂取は世界的な社会課題でもあり、今回本取り組みを世界にも発信する目的で、適正飲酒マナー広告の英語版(英字テロップ付き)も配信します。

Youtubeにて公開

適正飲酒マナー広告

12月6日(金)10:00Twitter配信

(英語字幕版)Youtubeにて公開

当社は、お酒の時間をゆっくり楽しみ、誰かと語り合いながら、食事のおいしさによろこび、ほどよく飲んで、スマートに心地よく過ごすことを「スロードリンク®」と呼び、新しい飲み方として提案します。「スロードリンク®」のオフィシャルロゴを制作し、酒類メーカーとして適正飲酒啓発活動の中で、新たなお酒の価値も提案していきます。

キリングループの事業環境においても、アルコールの有害摂取による健康課題など、企業への社会課題解決の期待が急速に高まり、対応が急務となっています。当社は、アルコールの有害摂取根絶(Zero Harmful Drinking)に向けた取り組みを着実に進展させ、次世代にお酒の文化を継承していきます。

キリングループは、「酒類メーカーとしての責任」を果たし、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」という社会課題に取り組むことで、こころ豊かな社会を実現し、お客様の幸せな未来に貢献します。

【お問い合わせ先】
キリンホールディングス お客様相談室 フリーダイヤル:0120-770-502
【キリンホールディングスホームページ】
https://www.kirinholdings.co.jp/

[ここからフッタです。]

© 2007 Kirin Holdings Company, Limited.

先頭へジャンプ